悩みました。自転車購入

今まで使っていた自転車が少しずつ劣化し、
順番にタイヤをつけかえ、微調整して乗り続けてきました。
でも、まだ8年。
もう少し使いたい、と思っていたのですが、
ついには後部の荷物台が壊れ、
子どもを乗せられなくなってしまいました。

迷いました。
修理して使うか、新しいものを購入するか。

修理箇所は4カ所。
ブレーキ、荷物台、車輪のスパーク、変則のダイヤル。
修理して5000円ほど。(変則ダイヤルは修理しない)
この自転車で軽い事故を経験しているし、
転倒は何度やらかしたことか。
屋外駐輪歴もあり、
これから乗り続けてもあと何年乗れるか、何ヶ月持つか。

ここまで書いて、結論を言うと
新しい自転車を買いました。
そして、今日のブログは自分の言い訳を
書き連ねているだけだということに気づきました。
もしかしたら、もう少し使えたかも、という罪悪感。
たとえ5000円かかっても使った方がよかったのかも。

正直に書くと、
子どもを前と後ろに載せるタイプの丈夫な自転車だったので、
とっても重くて重労働でした。
もう前に子どもを乗せることもないし、もう少し軽い自転車にしたい。
そして、ついに決断したのです。

近くの中古自転車屋さんに行き、
中古の自転車を購入。
そして、今まで使っていた自転車を引き取ってもらいました。
(リサイクルしてもらえるといいな〜)

自転車の寿命は一概にはいえないらしいですが、
丈夫なものは10年、20年使えるそうです。
今度の新しい中古自転車をせめて15年、20年使いたいな。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-06-03 17:21 | 省エネ/省資源
<< プラゴミを捨てる前に 大飯原発の運転差し止め判決が出... >>