人気ブログランキング |

井上ひさしさんの本

4歳の息子と図書館に行ったときのことです。
「よんで〜」と持って来た本がこれでした。

「けんぽう」のおはなし
作: 井上 ひさし 絵: 武田 美穂 出版社: 講談社
b0131231_10411061.jpg


驚きました。
内容は、日本国憲法のなりたちやその条文の意味を井上ひさしさん流の解釈で
小学生対象に説明されたものです。
分かりやすくて、納得することばかりで、
うなづきっぱなし。
家族で共有しました。
息子は借りている間、何度もこの本を読んで欲しいとせがみ、
私も何度も読みました。
昨年は日本国憲法の本が沢山発売され、沢山売れたと聞きました。
憲法9条が注目されている中、改めて勉強しておきたかったので、
この本を手にとることができてよかったです。

図書館で検索してみると、
子供向けの井上さんの憲法の本がもう1冊ありました。
いわさきちひろさんの挿絵が入った美しい本です。
こちらは、やや高学年向けの印象を受けました。

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
作: 井上 ひさし 絵: いわさき ちひろ 出版社: 講談社
b0131231_10413428.jpg


2年生の娘と一緒に勉強したいと思うのですが、
まだ興味が薄い様です。
その時がくるまでに私の意見をまとめておかないといけないなと思っています。
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-20 10:55 | その他
<< 本の寄贈 学校給食と子どもの健康を考える... >>