特定秘密保護法案に反対

まさか「特定秘密保護法案」のようなものが衆議院を通過するとは。
以前からアメリカで言論の自由なるものが冒されつつあることは耳にしてきました。
そして、原発事故以降、ネット上で反原発の主旨を唱えたサイトは
知らないうちに消えて行っているということも耳にしてきました。
その噂を耳にする度に、私は自主規制をかけ、
ブログには反原発については書いてきませんでした。
自由に表現しているように見えるこのブログでさえも、
書きたいことを沢山抑えてきました。

こういう私の行動を「萎縮効果(チリング・エフェクト)」と言うそうです。
表現活動を自ら制限し、知らないうちに表現の自由を奪われていくこと。

特定秘密保護法案にはその「萎縮効果(チリング・エフェクト)」が大きく関わっていきそうです。
個人レベルの表現の自由もそうですが、
作家、マスコミなど発言力の大きな人たちの言葉も封じ込めてしまう恐れがあります。
そして、政府の行動に対して、誰も指摘することができなくなる。
平和や人権、安全を守って行く上で、政府に対して国民の監視、指摘が必要であるのに、
秘密保護法案によって、みなが自主規制してしまったら…。
勇気を出して発言した者に懲罰が加わってしまったら…。
この国はどうなるのでしょう。

私は義務教育を経て、高等教育を受けてきた中で
私自身は民主主義の平和国家に生まれ育ったのだと思ってきました。
その考えが間違っていたのかな、と思い始めたのは原発事故後。
そして、今回の秘密保護法案の審議のされ方と衆議院での通過を見て、
私が信じていたものは何だったのだろうと憤りを覚えています。
でも、ここであきらめたくない。
このまま、私達の生活にさらなる不安を増やしたくない。
私たちの安全と自由、平和と人権を守るためにも特定秘密保護法案は通してはいけない。
絶対に反対しなくてはいけない。

ただの主婦として、何ができるわけでもない。
デモに参加する勇気もない。
ママ友に語る勇気もない。
今日はせめて匿名で書いているこのブログだけでも、
自由を主張したいと思います。

私は「特定秘密保護法案」に絶対反対です。

「特定秘密保護法案」の反対の理由をさらに知りたい方は>>>
マガジン9内の「特定秘密保護法案」に関する記事へリンクします。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-12-02 10:07 | その他
<< 情報が真っ黒にされる時代で良い... 余熱調理に失敗! >>