豪雨の中で。

今日は全国的に豪雨のようでした。
ここ西宮の雨、風もすごかったです。
身の危険を感じました。
息子を幼稚園に連れて行き、娘を学校に迎えに行き、
息子を幼稚園に迎えに行った3時間の間で傘を2本折りました。
1本は100円傘。もう1本はつい先日買ったばかりの新品です。
残念でなりません。

でも、その壊れ方が尋常ではありませんでした。
特に100円傘の方は、骨が曲がるだけではなくて、
ぼきぼきに折れた上でビニールもすべて剥がれてしまいました。
大人の私でも傘に振り回されてしまいました。
こういう強風の日は傘は役に立ちませんね。
娘を迎えに行き、合羽を着せて帰ってきました。

傘をさして帰った子ども達の中には、
陸橋の上で風にあおられ、傘が折れてしまった子が数名いました。
私の傘も陸橋の上で折れました。
高いところでは風が強いのでしょうか。

先日の竜巻の様子を見て、対策をネットで調べてみると、
マンションや家屋の上層部よりも1階にいた方がよい、とありました。
地上50センチぐらいまで身をかがめば比較的、風が弱いそうです。
覚えておかなければなりませんね。

たった数時間の出来事でしたが、私は疲労困憊しました。
大雨、強風の中、あちこち出かけなければならなかったことも理由ですが、
やはり子ども達の安全を守らないといけないので、
力が入ったのだと思います。
異常気象がこれから先も続くと思うと、
母親である私は強くならないといけないな、と気持ちを改めました。

そう、それで疲れを癒すために
(傘が折れたショックを癒すためにも)
娘の靴下2足、娘のシャツ2枚を繕いました。
b0131231_16513423.jpg


温かい静かな家の中での裁縫は気持ちが穏やかになります。
家の中は安心できる場所です。
この空間にありがとう。
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-04 23:50 | 修理して使う
<< 石鹸から石鹸を作る 朝顔で色水づくり >>