緑のカーテン成育中

我が家のベランダは西側を向いています。
午後の光は強くて、カーテンを閉めずにはいられません。
せっかくの自然光をカーテンで遮断してしまうのはもったいない。
暑さ対策と、光の確保のために、今年は緑のカーテンを作りました。

b0131231_10304978.jpg


朝顔とフーセンカズラで作ったカーテンです。
初夏5月頃にタネをまいて育てたものです。
7月の終わり頃から順調に壁を覆ってくれました。
これのおかげでカーテンを閉めずに
光を取り入れることができるようになりました。

緑のカーテンは色々な調査結果が出ていますが、
カーテンの内側の温度は何もしていない時と比べて
2℃以上下がるという結果もあります。
我が家では実際に温度を計ることはありませんが、
見た目に涼しく、とても爽やかな気持ちになります。

子ども達は朝顔が咲くとすぐに摘み取り、
色水を作って遊び始めます。
日本の夏の風物詩、朝顔の緑のカーテンを親子共に楽しんでいます。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-08-13 10:30 | 省エネ/省資源
<< 洗濯は3種の洗剤をローテーション 扇子の風は優しい風 >>