省エネ、節約『鍋二段重ねの技』

先日、友人と節約の話になったときに
「テレビでのすごく節約している人が出ていて、
その人は、鍋を二段重ねしているんだって!」と教えてくれました。

そういえば、以前、省エネ法の一つとして、
『鍋二段重ねの技』を試みたことがあったのだった!
普段、手のこんだ食事を作らない私は『鍋二段重ねの技』については
あまり必要性を感じず、そのまま忘れさられていたのでした。

でも、せっかく話題が出てので、
早速試してみました。

あるときは、
煮物料理の鍋の上で味噌汁作り。

あるときは、
ご飯を炊いている鍋の上で味噌汁の温め直し。

またあるときは、鍋の上でお湯をわかす。

吹きこぼれるような麺類を作っているときには、
二段重ねは難しいようです。(失敗しました)
省エネといっても微々たるものでしょうか。
でも、こういう小技は家事を楽しくしてくれます。
この時期、台所が暑くなるので、できるだけコンロの火は使いたくない。
一つのコンロが2役になるのは、ありがたいです。

こうやっている間に、ご飯が炊きあがり、味噌汁も温め終わりました!
いいぞ〜、鍋二段重ねの技。しばらく凝りそうです。


b0131231_6485156.jpg

うちのお鍋は同じ形の鍋が揃っているので、
鍋二段重ねの技は簡単にできました。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-07-24 06:53 | 省エネ/省資源
<< 扇子の風は優しい風 夏のうまいもの >>