寒天記念日

私は工作は好きですが、料理は少し億劫です。
お菓子にいたっては、かなり苦手意識があります。
そのせいで、我が子達はママの手作りおやつをあまり食べた事がありません。
せいぜい、サツマイモ炒め、かぼちゃ蒸し程度。

でも、気にはなっていました。

お菓子を買うことは経済的ではない。
個包装のお菓子はゴミが出る。
お菓子には砂糖などがたくさん使われているけれど、
よく分からないので健康面で心配。

など。

そんなとき、友達の家で「寒天ゼリー」を出してくれました。
ゼリー好きの息子は大喜び。
作り方を聞いても簡単そう。
その上、友達には「ゴミが出ないよ」と言われ、
私の重い腰をあげることにしました。

そして、作ったのが写真の寒天ゼリー。
寒天でデザートと作ったのは、
娘の離乳食時代(かれこれ7年前)以来かな。

わざわざブログに書くほどのこともないですよね。
でも、書きました。
寒天記念日にするために。

二人がね「美味しいね」って言ったから
七月三日は寒天記念日。
b0131231_1883745.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-07-05 07:58 | 食の安全
<< 7月7日のキャンドルナイト 娘の努力は? >>