人気ブログランキング |

防災の話

先日、友人達と一緒に「防災について考えてみよう!」と集いを持ちました。
私はひどく「恐がり」なので、
地震や火山などの天災、原発事故のような人災に敏感です。
今までも何度も防災について本を読みましたが、
ここ数週間、気になっていたことを整理してみました。

東日本大震災の被害について見直してみると、
日本は地震列国で、
過去に何度も地震や津波の経験があるということを
改めて感じました。

地震を予知することはできないけれど、
過去に学ぶことはできるのかな。
そのことを、集いでも話題にしました。

学校でもらった読み物がいい教材になったので、
それでクイズを出しました。
西宮(夙川エリア)周辺に限った内容ですが、
よかったら参考に見てください。

Quiz
1)西宮では東海地震の場合、揺れは何分続くでしょうか。
 
2)その際、津波が起こる場合第一波は何分後に到着するでしょうか。

3)西宮浜から2号線までは何キロでしょうか?
 
答え
1) 1分 2)100分 3)約1.6キロ (夙川公民館まで約2キロ)

東海地震が発生したときには、
焦らずに高いところに避難する
、というのが西宮市の指示です。
その際に2号線よりも北側(浜から1.6キロ程度)では
津波の被害が予想されるので、
JR線よりもさらに北に行くことが必要とされています。
東日本大震災では、仙台平野では津波の被害は沿岸部から5キロまで到達したそうです。
沿岸部から5キロまで水が来たという事実はかなりショックですが、
事実なので、それを覚えておきたいと思います。

防災の話が終わったときには、みんなぐったり。
「恐くなった」
「避難具の見直しをしなきゃ」など感想が出ました。

地震はいつ起こるかは分かりません。
生きている間に経験しないかもしれません。
起こらないかもしれないことに
おびえるのは馬鹿げてと思う人もいると思います。
でも、私はやっぱり私は不安なのです。
この不安を取り除くためにも、
過去に学び、備えておきたいと思います。
by sunnydrops_tokyo | 2013-06-27 15:56 | その他
<< 冷蔵庫の小さな省エネ 甘夏で酵素作り >>