人気ブログランキング |

あなたにもわけてあげたい。

今日はエコの話はお休みです。
駅のホームで出会った女性のことです。

電車に乗るとき彼女が「急行に乗り換えできますか?」と言うので、
「ええ、大丈夫」と答えた私。
電車の中でも隣りの席。
終始、息子を見て微笑んでくれていた彼女。
大学生なのかな。服装からはそんな感じ。
カジュアルでアート系の香り人。

彼女が息子に「アンパンマン好きなの?」などと話しかけてくれました。
そのときに「食べますか?」と出してくれたのが、懐かしい飴「チェルシー」
私が「この子は飴を食べないから(ちょっと嘘です)」と断ったのですが、
女性は「いいえ(あなたに)」とチェルシーの箱を差し出してくれました。
私も遠慮しらずの性格なので「懐かしい〜」と一粒摘みました。
彼女は「懐かしいですか〜」とまた優しい笑顔。
そして、私はチェルシーを欲しがる息子を制していると、
彼女が息子に1枚のノートの切れ端をくれました。
そこにはアンパンマンの顔が。

私と息子はすぐに下車しなくてはならくなくて、
会話はそこで終了。
たった5分ほどの短い会話でしたが、
とっても気持ちのよいひとときでした。

最近、人とのコミュニケーションは難しい!と思っていた私でしたが、
そんなことも吹き飛ばしてくれるエピソードでした。
人ってこれだから楽しい。
子どもの頃の懐かしい味と一緒に大事なことを思い出しました。

b0131231_22262491.jpg

by sunnydrops_tokyo | 2013-05-11 00:15 | その他
<< 「モンサントの不自然な食べもの... おにぎり >>