娘は「よもぎ」母は「どくだみ」

娘が最近おかしな行動を取っています。
公園で葉っぱや草をむしって、
それを、ひざや腕などに当てているのです。

どうやら娘は国語の教科書に出てくるお話に影響を受けたようです。
お話の中では主人公が怪我をしたところに
「よもぎ」の葉を当てて、それを治すのです。
娘は主人公を真似て、葉っぱを「よもぎ」に見立てて遊んでいたのでした。
(本人は怪我を治療しているつもりのようでした)

かわいいと言うか、幼稚というか、
素直というか、感化されやすい性格のようです。

かくいう私も感化されやすたちで、
普段、全く同じことをしています。

b0131231_21505024.jpg

我が家にある「ドクダミ焼酎漬け」です。

3年前につけたものです。(過去の記事)
娘の「よもぎ」騒ぎで思い出し、出してきました。
元々、自然農薬のつもりで作ったのですが、
どくだみの強烈な臭いも消えてしまい、
虫よけとしては効果が期待できません。
でも、エキスは化粧水や虫さされに使えます。
葉っぱは天日干ししてお風呂などに入れると
あせもやしっしん、冷え症
に効果があると聞きます。
今年はお風呂に入れてみようと思います。

と、ここまで書いたところで、
台所仕事をしていて、フライパンで軽くやけどをしてしまいました。
早速、どくだみの登場!
直接傷口に葉っぱをくっつけました。
ちりちりしていた痛みがすーっと消えてしまいました。
効果があったのか?それとも気のせいか…。
どちらでもいいです!
我が家には私と同じ性格の子がいるので、
常備薬として使いたいと思います。

b0131231_2235018.jpg

自分で摘んできた「よもぎ」を痛みのあるところに湿布。
「治った」と喜んでいる娘です。
by sunnydrops_tokyo | 2013-04-26 00:01 | 自然素材
<< お茶の出がらしを使い切る人たち ケチ料理ーおにぎり >>