作者プロフィール

yoko
家事サポーター・エコロジスト

70年代の大阪に育ち、遊び場が「アメリカ村と心斎橋」の都会っこ。
学生時代にバックパックを背負って世界の国々を周り、
緑豊かな山を楽しみ、砂漠を歩き、未開の森に入った。
自然の偉大さと自分の小ささを知った。
生まれた場所が違うだけで、持っているものが違う人たち。
私が手にしている自由をもっていない人たち。
自分の知っている世界は狭いと気づいた。
それでも日本の社会にどっぷりはまり、
一時は大都会東京で「 THE企業戦士」として
日本経済を支える猛烈ワーキングウーマンに。
少しずつ無理が来て、疲れてきた頃に「花達」に出会った。
ガーデナーとして働いた日々。そして、出産。東日本大震災。
喪失感の中、西宮にたどり着いた。
浮上できない時間を子ども達と静かに過ごし、
ゆっくりと自然の中に生かされている自分を思い出した。
ようやく自分らしさを取り戻しつつある今、
私たちを育ててくれる自然や地球を大切にしたい。
命を大切にしたい。
そんな思いで、日々過ごす。
このブログでは、実験的「快適エコ生活」について綴る。





-------------------------------------------------------------------------
以下、過去に書いたブログ紹介です。


このブログを書き始めて5ヶ月。
毎日、新しいことの発見でエコ生活を楽しんでいます。
ブログを書き始めるまで、
自分では、環境に配慮した暮らしをしていると思っていました。
でもこの5ヶ月を振り返ると、
環境に対してやれることがものすごーく沢山ある!と気づく毎日でした。
電気、ガスの節約、節水、リサイクルの取り組み、リユース、
モノを修理して使うなど、
工夫して暮らすことの愉しさに目覚めました。

節電や節水することで節約になり、
消耗品を使わないことでまた節約になり、
修理することでさらに節約になりました。
そして、エコな暮らしは家計に優しいと気づきました。

節水するために洗濯の回数を減らし、
節電のために早寝を心がけ、
節ガスのために料理の時短を試みました。
そのため、家事にかける時間が随分と減りました。
エコな暮らしは、ずぼら主婦にさらに時間のゆとりを与えてくれました。

エコによし、家計によし、ずぼら主婦によしと
三拍子そろったエコ生活。
私は、もっとこの快適エコ生活の深みにはまりたい。
みなさん、よかったらご一緒しませんか。

春になり、気分一新。
ブログ名を変えようと思います。
これからは「快適エコ生活」。
どうぞよろしくお願いします。

       サニーより

b0131231_23241113.jpg

      未来に続く、今のために。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-04-18 22:18 | プロフィール
<< テレビの節電 保温カバー使っている人いませんか? >>