修理はしたけれど、無駄に終った?

またもや、修理品が出ました。
娘の自転車用のヘルメットのベルトです。
バックルが壊れてしまい、付け替えました。
バックルは買わずに、
ローラースケート用のヘルメットのものを利用。
このヘルメットがあまりにも薄っぺらくて、
使える代物ではなかったのでバックルを取り外しました。

紐をはずし、バックルを差し替え、
ミシンをガガがガーとかけて終了。
思ったよりも時間がかかったけれど、
すっきり修理完了しました。

できあがったところでヘルメットを見ると、
ヘルメットのあちらこちらに亀裂が。
そういえば、かれこれ6年は使っています。
プラスチックのバックルが壊れるほどなので、
かなり劣化しているんですね。
こんなヘルメットでは、実際に事故を起こしたときに、
役に立つのだろうか…。

これは、もう買い替えの時期ですね。
せっかく修理したけれど、無駄でした。
先にヘルメットの点検をしてから修理すればよかった〜。
b0131231_17152148.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-04-08 09:10 | 修理して使う
<< 資源ゴミの仕分け指南 テレビとお父さん >>