コチニール色素に注意喚起(消費者庁)

最近、生活クラブ生協の情報誌に載っていた記事で知ったことがあるので、
ここで紹介したいと思います。

飲料水やハム等の加工品で赤色やオレンジ色に着色する際に使われている
コチニール色素について、消費者庁が注意喚起を行ったということです。
(平成24年5月11日)

以下、消費者庁から出された注意喚起文の一部を抜粋
急性のアレルギーを発症した場合、呼吸困難などの重篤な症状となる可能性も あるため、消費者庁として注意喚起を行います。
万が一、コチニール色素を含む化粧品の使用や食品の摂取により、かゆみな
どの体調の変化を感じた場合は、すみやかに皮膚科やアレルギー科の専門医を
受診してください。


詳しくは、消費者庁が出した注意喚起文をご覧ください。

これまで、独立行政法人国民生活センターや地方自治体の消費生活センター
等にはアレルギー症状の事例が報告されていないとするものの、一般消費者に注意喚起されるということは、重要度が高いことだと思います。

この注意喚起を知り、スーパーの売り場で確認したところ、
ほとんど全てのハムやベーコンには、
コチニール色素(カルミン酸)が使われていました。

コチニール色素を摂取したときの発症事例として、
かゆみ、じんましん、発疹、呼吸困難などのアレルギー症状があげられています。化粧品等にも使われているということなので、知らないうちにコチニールによる化粧かぶれを起こしている可能性があるかも、と思いました。

必要以上に不安がることもないと思いますが、
原因不明のじんましんや湿疹などが起こったときに、
食品添加物が原因かも
という発想も持ってもらえればなと思います。

じんましんなどが出ると、
まず最初に疑うのは原材料そのものが
「腐っていないか」「粗悪なものでないか」というだと思います。
しかし、私たちが口にするその食品が出来上がるまでの過程には、
色々なものが絡んでいるということを
頭の片隅に入れておいてもらえるといいなと思います。

私は食品のプロでもなければ、まともに勉強したわけではありません。
ただ、息子が乳児のときからアトピー体質であるため、
その子を通して、色々と経験してきました。
食の安全は私たちの健康と命そのものに直結します。
経験してこそ、わかることもありますが、
経験してからでは遅いこともあります。
私はそんな思いから食に関してはより慎重になっています。
このブログでは、食の安全について時々紹介したいと思います。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-04-05 23:57 | 食の安全
<< テレビとお父さん 輪ゴムパッキンの限界 >>