輪ゴムパッキンの限界

子供の水筒のパッキンがなくなってしまい、
輪ゴムを代用して使っていました。
以前の日記
でも、ついに水漏れをし始めました。
やはり輪ゴムですね、伸びてしまったのか、
そろそろ限界がきました。

リュックの中で水漏れして、びちょびちょに。
それを見た友人が「パッキンだけ、買ったらどう?」と提案してくれました。

そうね、そうそう。
無理せず、素直に負けを認めましょう。
パッキンだけ買えば、いいの。
水筒を捨てるわけじゃないし。
でも、パッキンが手に入るまでの間だけでも、
輪ゴムを換えて、水筒を使いましょう。
私って、しつこいですか。

b0131231_7154122.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-04-05 07:16 | 修理して使う
<< コチニール色素に注意喚起(消費者庁) 学校プリントは資源Bでリサイク... >>