人気ブログランキング |

洗濯ハンガーの修繕

またもや修繕の話題です。
いやはや、本当に毎日、何かを修理する日々です。
今日は洗濯用ハンガー。

ピンチが大量に外れた状態で長い間、使い続けていました。
まだ使えるものを買い替えるのは嫌。
しばらく我慢だ!使い続けていました。
でも、ふと気づいたのです。

これって、修繕できるんじゃない?


このブログを書き出してからというものの、
生活が「エコ、限りある資源の為に何ができるのか」を
基準に動くようになりました。
だからこそうまれた発想=修理です。

思い立ったら行動は早いのが私。
まずは、はずれたピンチを確認してみました。
修繕も何もただ「はずれただけ」でした。
少し力を入れれば元に戻りました。
実際に修繕の必要だったのは、たったの4個。
今まで私は何をしていたの?と自分を責めたい気分になりましたが、
そこをぐっと抑えて、針金を出してきました。

そして、ピンチに針金をぐるぐるっと巻き付け、洗濯ハンガーへ設置。
修理完了。

思いつきから完全復活までほんの数分です。

もし捨ててしまっていたら、その方が時間がかかっていたと思います。
その流れをシュミレーションしてみました。

捨てる
(ゴミ回収後の流れは省きます。本当はここが一番大事だけれど)
 ↓
新しいのを買ってくる。
 ↓
そして、買って来たものを袋から出す。
 ↓
ピンチを留めていたゴムをはずす。
 ↓
包装容器を分別する。
 ↓
ゴミの日に出す。
などなど。

無精者には、修繕!
ですね。

b0131231_2250738.jpg

by sunnydrops_tokyo | 2013-03-26 09:38 | 修理して使う
<< 31はコーンで注文 ゴミ出しは週1回に >>