お弁当ってエコ

最近、夫のお弁当を作り始めました。
結婚して十数年、ほとんど作ったことがなく、
夫は昼、夜の食事を外食でまかなっていました。
夫の健康が気にならないわけではありませんでした。
経済的な負担が気にならないわけでもありませんでした。
でも、作れなかった。
何かもう一つ、私の背中を押してくれるものがなかったのです。

でも、最近になって、
外食や買い食いをやめるとエコにつながると意識し始めました。
お弁当の入っている容器は一回の使い捨て。
使われている材料は、
安価を実現するためにエコを度外視したものになっている場合が多い。
またその食材は健康的にも不安が残る。
農薬、遺伝子組み換え、添加物使用など。

そして、お弁当を作ろうと思い立ったのです。
でも、お弁当経験がない私には、どんなお弁当が最適かが分からない。
そんなときに大きなヒントを与えてくれたのが、
こちらのブログ。
ご本人がエコへの意識が強く、
ナチュラルな暮らしを実現されています。
彼女の食事は見た目にも「おいしそう」「健康そう」なものばかり。
これを真似しよう!真似したい!

そして、
我が家の一汁一菜の食事にプラスアルファ、お肉を加えた形で
夫にお弁当を持たせ始めました。
(お汁は持って行かないけど)
そしたら、夫に大好評。
これなら、お弁当作りが続けられそうです。
夫は健康的な食事ができ、経済的にもハッピーで、
そしてエコにも優しい。
お弁当ってなんて素敵。
今まで気づかずにごめんなさい。

b0131231_1526473.jpg

by sunnydrops_tokyo | 2013-03-19 09:16 | 食の安全
<< 短い鉛筆のその後 ハギレでコーヒーフィルター >>