<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

豆苗の芽は出るか?

娘と冬休みに実験をしてみました。

合成洗剤と石鹸洗剤の溶液で豆苗の芽が出るかどうか…。

実験結果が面白かったので、報告します。

使った溶剤
1)一般の台所用洗剤(合成界面活性剤入り)を250倍に水で薄めたもの
2)液体石鹸を250倍に水で薄めたもの
3)水だけ
b0131231_12222428.jpg


台所用洗剤は水で薄めるとうっすらと濁った溶液になった。
泡が立っている。液体石鹸はかなりにごっている。

スーパーで売っている豆苗をカットし、
スポンジ部分を溶液に浸して観察開始。

13日後…
左から1)台所用洗剤 2)液体石鹸 3)水
b0131231_12221210.jpg


想像よりも顕著に違いが出ました。
(台所用洗剤)
b0131231_12224185.jpg


(液体石鹸)
b0131231_12225892.jpg


(水のみ)
b0131231_1223314.jpg


意外だったのは、石鹸洗剤の溶液を使ったものでも豆苗が伸びたことです。むしろ、水よりも成長が早かったぐらいです。石鹸洗剤には植物の栄養分になるものが入っている気がします。界面活性剤入りの台所用洗剤は、豆苗の発芽が少なく、また芽も小さいものが多かったです。


元々、「界面活性剤入りの洗剤」は植物にとって害がある。
芽は出ない。
という仮説を立てていました。

でも、実験をやってみて、
素人の私がそれを言い切ることはできないということに気づきました。
これからの実験は全く正確性にも欠け、緻密性もありません。
大雑把で主観的です。
この実験結果を持ってして、何も言えないなと思いました。

それでも、娘と毎日豆苗の観察を行い、
溶液による成長の違い、水や芽の変化などを詳しく観察することで、
発見が沢山ありました。一緒にいろいろと想像することができました。
最後には娘はとっても嫌になっていましたが、
私はとても楽しかったです。

実験はとっても簡単です。
観察はやや面倒です。
でも、よかったらお子様と一緒にやってみてはいかがですか?
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2015-01-27 12:22 | 子供とエコ

いつが買い替え時?

我が家には買い替え時を逃してしまっているものが沢山あります。

基本的には「修理して手入れして使えるものは使う」
なのですが、修理も手入れもできずに
「みすぼらしい」状態になってまでも使っているものが沢山あるのです。
でも、「壊れるまで使う」という考えが頭にあるので、
どうしても機能的に問題ないものを買い替えることができないのです。

その一つが、携帯電話。
b0131231_17252337.jpg


古すぎて何年使っているかが分かりません。
時々「うん?」という顔をされている気もしますし、
実際に「何それ!」と言われたこともあります。

でも、
「地球環境や動植物、そのほか世界中の貧困を考えると、
自分だけ格好をつけて新しい携帯を持つ事なんてできない!」
と言うこともできず、

ただ「どケチだから」とだけ言って話を終らせています。
私の周囲の人は私のことを本当に単なる「ケチ」だと思っていると思います。
(実際、ケチには変わりないのだけれど)

とはいえ、そろそろ地球環境よりも「人からどう見られるか」が気になり出しました。
そして、考えたのが、デコシール。娘に選んでもらい、ぺたっと貼付けました。
b0131231_17252074.jpg


夫には「なんでキラキラ?」と言われましたが、
まあ、いいです。たった500円のものなので、チープ感も否めませんが、
以前のように塗装が剥がれているよりは、よっぽど素敵です。
もっと早くやっておけばよかった〜。

さて、この携帯電話の買い替え時はいつなんでしょう。
ここまできたら、ガラケーが世の中になくなるまで使い続けたい。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2015-01-25 17:27 | 修理して使う

美しい沖縄の海と平和

年始早々、素敵な絵本を見つけました。

『へいわってすてきだね』
安里有生(詩)、長谷川義史(絵)
b0131231_1024221.jpg


小学1年生の安里君が書いた詩が2013年の「沖縄戦没者追悼式」で読まれ、
それを知った絵本作家の長谷川さんが絵本にしたそうです。

安里君は自分が住んでいる与那国の自然の美しさと戦争の恐さを詩の中で語っています。
「ああ、ぼくは、へいわなときにうまれてよかったよ」。と。
私自身も30年ほど前、まだ子どもだった頃、安里君のように思っていました。
日本に生まれてよかった。戦争がなくなってよかった、と。

そして、今、娘が私に問いかけてきます。
「日本はもう戦争しないんだよね?戦争しないってケンポーで決めたんだよね」と。
私は「そうだよ、大丈夫だよ」と答えます。
ちょっぴり自信なさげな言葉に娘の顔は不安げです。

詩の中で安里君は言っています。
「みんなのこころからへいわはうまれるんだね」
私はこの絵本を娘に見せました。どう感じたのか。言葉はありません。
ただ、うなずいていました。

子ども達に美しい故郷を残してあげたい。
エコと平和はつながっているはず。
今日も快適エコ生活、楽しんでいきますよ〜。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2015-01-10 10:24 | 子供とエコ

平和に生きよう。

2015年がスタートしました。
いつもブログをご訪問いただきありがとうございます。
今年もぼちぼちと更新して行きたいと思います。
どうぞおつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

さて、せっかくなので新年の豊富を書いておこうと思います。
今年は色々と心にあるものを「声」にしていこうと思っています。
我が家の恒例の書き初めにもこの一文字を書きました。

新年にあたり言いたい事、思いは色々ありますが、
私の敬愛する「サティシュ・クマール」さんの言葉を引用させていただきます。

「平和のためにできること?まず自分が平和に生きることです」


自分自身から暴力的な部分を排除し、平和に生きる。
それが平和な世界を作りことにつながる。
そう信じて、今日を生きたいと思います。

世界が平和に満ちて、すべての人々に幸福が早く訪れますよう。
2015年 正月
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2015-01-03 16:16 | その他