<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブータンと私をつないだお話会

先日、大阪で行われたお話会に参加させていただきました。
(「ブータンと泉大津をつなぐ『わた』のお話し会」)
第一部のゲストはナマケモノ倶楽部の世話人の辻信一さんと
ご友人でブータン人のペマさんでした。
この会は友人がオーガナイザーを務めていたのですが、
誘われる数日前に私は偶然(必然的?)この本を読んでいました。
b0131231_22591021.jpg

「降りる思想 江戸・ブータンに学ぶ」
田中 優子 著 辻 信一 著 (大月書店)

この本の中で辻さんはペマさんのことを書いているのです!
読んでいるときには、当然「とおく」の人だと思っていたペマさん。
まさか、数日後にご本人にお会いすることになるとは。本当に驚きました。

なかなか本題に入れなくてスミマセン。

そして、お話会に参加。
それは、とてもアットホームな会でした。
マイクを通さなくても十分に声が届く距離でのお話。
心が伝わってきました。

環境活動家の辻さんは、何度もブータンに通ううちに、
ブータンが急速に発展し、よき伝統文化を失いつつあることに
胸を痛めるようになったと言います。
そして、ペマさん自身も若者の田舎離れに心を痛め、
何かできないかと二人で何度も話を重ねてきたそうです。
そして、ペマさんは地元で40年前に消えてしまった
「綿栽培」に挑戦することに決めたのです。
現在ブータンでは綿花や糸はすべてインドからの輸入に頼っているそうです。

ペマさんは、綿栽培を再生させることは3つの意味があると言っていました。
○自家綿花の再生
○村の若者を村にとどめておく産業を作る
○自分達の文化や自分自身に満足感(自信)を生み出す

この綿花栽培はまだスタートしたばかりだそうですが、
純国産の綿から糸をつむぎ、衣類を作ったとしった周囲の人たちの
驚きはすごかったそうです。
そして、自分達にもその技術があるのだと自信を持った人たちが多かったと言います。

日本でも農村部や山あいの不便な地域の過疎化が進んでいます。
でも中には有機農法や陶芸や工芸品など、
昔から培ってきた土地の文化や産業を蘇らせることで、
地域再生しつつあるエリアも出てきています。
私の暮らす兵庫でもそういった試みについて耳にすることもあります。

ペマさんのお話を聞きながら、
地域再生のキーワードは
伝統文化・産業の再構築かもしれないなと思いました。
しかし、これらの試みは継続させることがとても難しいものだと思います。
私に何ができるかは分からないけれど、応援したいなと思いました。
まずは地元のもの、縁ある土地のものを手に取りたいなと思います。
そう「地産地消」かな。

ほかにも感銘を受けたことがたくさんありましたが、
今日はこの辺で。
私の中で咀嚼できたら、少しずつ書きたいと思います。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-03-24 23:32 | その他

魚好きの娘がみつけた記事

図書館で私が借りて来た児童書
「ストップ原発4原発と私たちの選択(大月書店)」を
娘がぺらぺらとめくっていました。
「難しくて分からない」と本を閉じようとしたとき、
あるページに目が止まりました。
浜に打ち上げられたサメやウミガメの死骸の写真でした。
魚が好きな娘には、その写真がショックだったようで、
私に説明を求めてきました。
記事によると、2009年頃から川内原発の近くで大型の魚類の死骸が
打ち上げられるようになったとあります。
死骸の数が表になっており、その数にもショックを受けました。
そして、娘はその本を見ながら表を書き写してみせてくれました。
b0131231_811457.jpg

アオウミガメ 6ぴき死がいになった。
クジラ 3びき死がいになった。
イルカ 2ひき死がいになった。
サメ 20ぴき死がいになった。
エイ 8ぴき死がいになった。
ダツ 15ひき死がいになった。

8歳の娘がそんなことを紙に書き出す姿を見て、
私の胸は締め付けられるようでした。
娘はどんな思いだったのでしょう。
しかも、死骸が打ち上がったのは、夫の故郷の鹿児島の海です。
1ヶ月ほど前に鹿児島に行ってきたばかりの娘。
まだ物事を深く考えられる年齢ではないけれど、
悲しみは大人と同じだと思います。
順心なだけもっと悲しみが大きいかもしれません。

電気がないと人は暮らせません。
原発の立地エリアに暮らす人にとっても大切な職業の場です。
でも、命を最優先に暮らしたい、という思いは募るばかりです。
鹿児島に行くと風力発電のプロペラが回っているのをすぐ身近で見られます。
自然エネルギーへのシフトを本当に願います。

b0131231_89575.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-03-16 07:55 | 子供とエコ

3.11キャンドルナイトに子ども達は

3.11の午後から翌朝の9時まで、電気とガスを使わないで過ごしました。
私は朝から夕飯に食べるシチューを用意し、パンを買ってきておきました。
夕方になっても電気のともらない薄暗がりに子ども達は大喜びで、
ごっこ遊びに興じていました。
そして、だんだん日が沈み、部屋の中は真っ暗に。
その前にキャンドルを灯しておいたので、リビングだけはぼんやりと明るい。
非常用のガスコンロでシチューを温め、食事開始です。
普段なら「いただきまーす!」と軽く言ってご飯を食べ始めるのですが、
暗闇にキャンドルの空間では、どこか神聖な空気が流れます。
子ども達に3年前の3.11の出来事を思い出してもらい、
そして亡くなった方への黙祷を捧げました。
電気とガスを使わないのは、自然エネルギーシフトへの願いをこめて、
「たった1日だけれどその思いを形にしたい」と、私は子ども達に話しました。
食事をいただけることに感謝し、ゆっくりとご飯を食べました。

食べ終わっても、まだ7時半。
寝るにはまだ早い!
みんなでトランプを1時間ほどして、布団に入りました。

翌日、子ども達にキャンドルナイトを経験してどうだったかを聞いてみると、
8歳の娘は「恐かった」
4歳の息子は「楽しかった」と話してくれました。

暗闇の中食事をする、トイレに行く、布団の部屋に行く、一つずつとても不自由で恐いことでした。
阪神大震災を経験した友人は電気が寸断された時の思い出を語ってくれ、
電気がついたときには本当にありがたかったし電気の力はすごい!と言っていました。
私も電気のない生活は考えられません。
本当に必要だと分かっています。
ただ、その大切な電気が誰かの命を犠牲にして作られていると知ってからは、
それを軽々しく使えなくなってしまいました。
資源を大切にして、安心して暮せる世界になって欲しいと強く願うようになりました。

たった18時間だけでしたが、電気、ガスをとめて過ごして、
その思いを再確認することができ、とてもよい時間でした。
時々でもこういう時間を持ちたいな〜とぼんやり考えています。
b0131231_7531244.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-03-15 07:55 | 省エネ/省資源

ラップの代わりとはいえ…。

私が体調の悪い日、娘がかいがいしくお手伝いをしてくれました。

起き出して台所を見てみると、こんなものが!
b0131231_7151294.jpg

夕食の残りもののお椀の上に見事お皿が置かれています。
私が普段からラップを使わずに、
お椀の上にお皿をのせてカバーしているのをちゃんと覚えていたようです。

でも、これじゃぁ、冷蔵庫に入りません。
娘には「少しずつ残ったおかずを一つにまとめる」ということが
頭に浮かばなかったようです。
もう一つ欲を言えば、お皿は裏返しに置いて欲しかった。
これだと、お皿がするっと落ちて危ないのです。
ちょっと惜しかったけれど、ありがたい娘の成長。

こういうのを見るとエコ生活にも張りが出ます。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-03-08 07:18 | 子供とエコ

あかりをつけましょ、3.11

もうすぐ東日本大震災から3年です。
福島の原発事故からも3年。
結局、福島にボランティアに行くことも、
具体的にお手伝いすることもなく過ぎてしまった3年でした。

でも、震災で多くの命がなくなったこと、
原発事故で多くの方がふるさとをなくしてしまったことを
忘れたくありません。

この日は子ども達と一緒に
震災のこと、事故のことを考えたいと思っています。
そして、我が家では地震の起こった14時46分から翌日の朝まで
電気を使わないで生活したいと思います。
短い時間なので、何が生まれるかはわかりませんが、
震災で亡くなった方への追悼とささやかな意思表示です。

その日のために娘とキャンドルを作りました。
今度はグラーデーションで娘も大満足。
3.11にはこのあかりで過ごしたいと思います。
b0131231_14415363.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-03-03 14:50 | その他