<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ダイコンの葉を冷凍保存

食材が乏しい日。
切り干しダイコンを作りました。
人参と油揚げを入れて出来上がり…
のつもりでしたが、
食卓にいまひとつ「野菜」が足りない気がする。
ふと、冷凍庫に入れておいたダイコンの葉を思い出し、
切り干しダイコンのお鍋に投入。
たったそれだけのことですが、
おかずとしての満足度が上がりました。

ダイコンの葉っぱは子ども達があまり好まないので、
いつも使い道に困ります。
黄色くになるのも早いので、なおさら困ります。

保存法を求めてネット検索していて見つけた方法。
「ダイコンの葉を冷凍保存する」は重宝しています。

葉っぱ(細かく刻んでおく)の重量の5%の塩をまぶして、
手でもみ、アクと水分を出します。
水で塩分を洗い流して、水気を切ったら、
そのまま冷凍庫へ。

今まで冷凍保存するときは葉っぱをゆでていたのですが、
それだと、使うときに「べちょ」としてしまい、
少し使いづらい思いをしていました。
塩でもむので、べちょっとならずに済むのでしょうか。
使いやすいです。

冷凍保存はちょっとしたひと手間ですが、
ダイコンの葉を捨てずに使い切るにはよい方法です。
昨日は冷蔵庫の食材が乏しく、とても助かりました。

b0131231_11534469.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-30 11:57 | 台所

重層ー洗剤代わりに使う以外には?

昨日は生活クラブ都市生活生協の勉強会に参加しました。
「重曹の正しい使い方」がテーマでした。
一時は重曹を掃除、洗濯のあらゆる場面で使っていましたが、
最近は「イマイチ使い勝手よくないな」と思い始め、
あまり使わなくなりました。

そして、講座を受講してみて…。
やっぱり私の感覚は間違っていなかったと納得しました。

重曹は「弱アルカリ性」
ナチュラルクリーニングでよく使われる「炭酸塩」と比べると
pH(ペーハー)が中性に近いのです。
軽い汚れならともかく「檄落ち」を期待すると、
期待はずれに終ると。

では、どういう所に使うとよいか…。

ズバリ
研磨剤として使うこと。

お湯のみの茶渋を取るのに適していると、
講師の方は説明されていました。

私は家では、
洗面台に重曹をばらまき、スポンジや指先でゴシゴシと汚れ落としに使っています。
そして一番の使い道は「トイレ掃除」
スポンジに重曹をつけて、便器内をこすり洗いしています。
今ではこの便器掃除のためだけに重曹を買っていると言っても
過言ではありません!

でも、もっともっと使いこなしたい。
今回の勉強会では、新しい使い方は発見できませんでしたが、
さらに使い方を追求していきたいと思います。
重曹を使いこなしている方、ぜひアドバイスをお願いします。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-29 09:26 | そうじ

本の寄贈

私は図書館のヘビーユーザーです。
読みたい本をインターネットで予約して受け取りに行っています。
おかげで昨年は本を買うことがほとんどありませんでした。
それがこの年末年始にかけて、ベストセラーなるものを読みたくなり、
めずらしく本を買って読みました。
一気に2冊を読み、大満足でした。

そして、手元には本が残りました。
私には、本を繰り返して読む習慣があまりありません。
このまま手元に置いておいても本棚に埋もれてしまい、
数ヶ月経てば、忘れてしまいます。
誰か友達に読んでもらえるといいのだけれど、
読んでくれそうな人いるかな…。

本を寄付する社会貢献があると聞いたことがあります。
そのボランティア団体は古本屋さんなどで販売して換金するそうです。
簡単にできる寄付だなと思ったのですが、
たった2冊なので、考えてしまいました。

そこで思いついたのが、図書館への寄贈です。
私の住んでいる地域の図書館では、
貸し出し数の多い人気の書籍や新刊本の寄贈を受け入れています。

私が買った本はベストセラーの新刊です。
ならば、図書館に寄贈して読んでもらう、
私が読みたくなったら、予約して借りよう、と思いました。
図書館のカウンターに行き、
本を出して「新刊なので図書館で利用してください」と伝えると、
スタッフの方が快く受けとってくださいました。
普段と違う図書館の利用で少しだけ勇気が必要でしたが、
渡せてよかった。
今頃は誰かが読んでくれているかな。
本の有効活用ができてよかったです。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-24 11:57 | 省エネ/省資源

井上ひさしさんの本

4歳の息子と図書館に行ったときのことです。
「よんで〜」と持って来た本がこれでした。

「けんぽう」のおはなし
作: 井上 ひさし 絵: 武田 美穂 出版社: 講談社
b0131231_10411061.jpg


驚きました。
内容は、日本国憲法のなりたちやその条文の意味を井上ひさしさん流の解釈で
小学生対象に説明されたものです。
分かりやすくて、納得することばかりで、
うなづきっぱなし。
家族で共有しました。
息子は借りている間、何度もこの本を読んで欲しいとせがみ、
私も何度も読みました。
昨年は日本国憲法の本が沢山発売され、沢山売れたと聞きました。
憲法9条が注目されている中、改めて勉強しておきたかったので、
この本を手にとることができてよかったです。

図書館で検索してみると、
子供向けの井上さんの憲法の本がもう1冊ありました。
いわさきちひろさんの挿絵が入った美しい本です。
こちらは、やや高学年向けの印象を受けました。

井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
作: 井上 ひさし 絵: いわさき ちひろ 出版社: 講談社
b0131231_10413428.jpg


2年生の娘と一緒に勉強したいと思うのですが、
まだ興味が薄い様です。
その時がくるまでに私の意見をまとめておかないといけないなと思っています。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-20 10:55 | その他

学校給食と子どもの健康を考える会・兵庫からのお知らせ

「粗食のすすめ」で有名な幕内秀夫さんが主催する
「学校給食と子どもの健康を考える会・兵庫」から
交流会のお知らせをいただきました。ここで告知させていただきいます。

こちらの会は、学校給食での米飯給食を進める活動をされています。
昨年の講演会に参加させていただきましたが、
パン給食の知られざる歴史を知る事ができたり、
学校給食の実態を垣間知ることができたり、とても勉強になりました。


「学校給食と子どもの健康を考える会」幕内秀夫さんとの交流会
● 日時 2014年4月12日(土)14:00~16:00(受付13:30~)
● 会場 宝塚東公民館 セミナー室 
  (阪急宝塚線山本駅南口より徒歩5分。駐車場は若干あり)

● 対象  会員および講演会に参加された事のある方
● 参加費 会員:無料  一般:200円
● 定員  あり(60名先着順)
● 内容  幕内さんのお話、ビデオ上映、質疑応答、フリートーク(予定)

事前申し込みが必要です。

詳しくは、
「学校給食と子どもの健康を考える会・兵庫」のブログへ
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-16 10:28 | 食の安全

冷蔵庫の温度調整

昨日のブログの続きです。

冷蔵庫の温度調節を「中」から「弱」に変えました。
(1月11日)
そして、温度計を入れてみたところ、

冷蔵室 中:2.8℃  → 弱6.5℃
野菜室 中:4.7℃  → 弱6.1℃


それぞれ適温に近くなったかなと思います。
冷蔵品(要冷蔵と書いてあるもの)のほとんどが
10℃以下が保存適温のようなので、2.8℃では冷え過ぎでした。
野菜室もスーパーのショーケースの設定温度が7℃前後だということを考えると、
4,7℃では冷やし過ぎでした。

最近、友人から「温度計」を借りたので
初めて冷蔵庫などの温度を計ってみることができました。
温度を確かめつつ節電をするというのは効率がよいものですね。
これからは季節ごとに冷蔵庫の温度を計って、
きちんと適温に設定したいと思っています。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-12 09:45 | 省エネ/省資源

食材の保存場所

年末年始は大量の食材の保管に苦労しました。
生協の宅配が休みになるので、
10日分ほどの野菜と食材を買いだめしたためです。

保存方法が合っていたかは分かりませんが、
なんとか捨てずに保管し、調理することができました。

子どもの頃、お正月前になると大量の野菜を買い込んで
段ボールに詰めてベランダで保管していました。
そのことを思い出し、色々試してみました。
ベランダで凍る心配でしたが、野菜をビニールに入れて
段ボールの中に入れました。凍ることはありませんでした。

一つ驚いたことは、冷蔵品の保管です。
商品のパッケージを見るとたいていの場合が
<要冷蔵>とあり、10℃以下で保存とあります。

ということは、部屋の中でも10℃以下のところであれば
冷蔵庫に入れる必要がないということです。
ベランダだと夜間0℃以下になるかもしれないので、
室内で保管することにしました。
終日10℃以下になる部屋はないのですが、
室内で一番寒い部屋に保管しておきました。
(朝8℃ぐらい、日中は暖かい日だと14℃ぐらいになる部屋)

かぶの酢漬け、ゼリー、こんにゃく、納豆、味噌、たまご、
お正月の惣菜(昆布巻き、田作り、黒豆)、要冷蔵のお酒


料理をして食材を使う度に、
室内で保管していた食材も冷蔵庫に戻しましたが、
この時期は冷蔵庫がいらないなというのが分かりました。
新たな発見です。

気になり温度計を冷蔵庫に入れて計ってみたところ、
野菜室は4.7℃
冷蔵庫は2.8℃でした。
必要以上に冷やしているのだと分かり、ちょっと考えてしまいました。
我が家の冷蔵庫にも改善の余地あり。
冷やしすぎです。
(スーパーでは、野菜のショーケースは7℃設定、食材類は10℃程度でした。)
よくみると、家の冷蔵庫の温度設定は「中」になっていました。
すぐさま「弱」にしました。
ムダな電気を使っていたことに気づき反省しました。
さらなる節電に向けて意識をもって過ごしたいと思います。

参考までに今年のお正月に試してみた野菜の保管場所です。
<天日干し>
シイタケ…使うこときに水で戻す。

<ビニールに包んで寒い室内で保管>
白菜、ダイコン、ター菜、レンコン(写真の様子)
b0131231_12174081.jpg


<ビニールに入れたまま段ボール内で保管>
キャベツ、ネギ、エノキ

<その他>
じゃがいもはネットに入れて保存
(途中、芽が出て来たものは数回取り除いた)
人参は段ボールに入れて保存

<冷蔵庫>
かぶ、小松菜、カットしたあとのかぼちゃ、
冷蔵庫内はカットして小さくなった野菜
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-11 12:18 | 台所

エコ生活を続けます。

2014年も明けて9日が経ちます。
なかなか新年の書き始めができませんでした。
新しい年にふさわしい話題を、と思えば思うほど、
文章が書き出せないでいます。

さて、冬休みの自由研究ですが、
着々と進んでおります。
娘の気分が乗らず、しかってばかりでもありますが、
なんとか締め切りには間に合いそう。
b0131231_10183076.jpg


エコファミリー、今年も節電がんばります。
今月の電気料金の請求は123KWHで2655円。
去年の同月マイナス4.6%でした。

今年もおつき合いのほど、
よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-09 10:21 | その他