<   2013年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ぬかを使った石けん

少し前から我が家では米を精米機で精米して食べています。
そのため毎日、大量の「ぬか」ができるので、
これの使い道を模索中です。

一番の使い道としては、
畑に肥料としてまくことだと思うのですが、
今は小さなプランターでベランダ園芸を楽しんでいるだけなので、
あまり沢山を消費することができません。

料理に使うというのも、一つの手でしょうが、
娘は「ぬか」のにおいが苦手。
食べさせるのは難しそうです。

そういえば、20代の頃、成人アトピーで手荒れに悩んでいた私に
「ぬか」を台所の石けんとして使うことを勧めてくれた人がいました。
それを思い出して「ぬか石けん」を作ってみました。

インターネットで検索すると作り方が出てきました。
材料は水、重層、米ぬかです。
鍋で混ぜて、牛乳パックに入れて天日干しを1週間。
b0131231_622117.jpg

出来上がりがこの写真です。
なんだかパウンドケーキみたいでおいしそう。
でも、においはきつい。魚のエサのようなにおいがします。

早速、台所で使ってみることに。
使い心地は、どう表現したらよいのでしょうか。
「よく汚れが落ちる」とも「あまり汚れが落ちない」とも言いがたい。
落ちているような、落ちていないような。
実際のところは分かりません。
自己満足で「なかなかいいよ。」と言うことはできそうだけれど、
手間をかけて作るほどに価値があるか…。
それに、ぬかのカスで排水溝のネットが目詰まりをおこしてしまいました。
日常的には使い続けるのは難しいかも。
せっかく作ったので、これは使いきろうと思いますが、
普段から台所で石けんを多用していない我が家。
使いきるまで少し時間が必要そうです。
しかも、しっかり固まっておらず水分が残った状態です。
ぬかの腐敗も心配。
いまはこの「ぬかせっけん」を冷蔵庫に入れて保管しています。
これって、やっぱり変。

ぬかを石けんとして利用するなら、
重層や水と混ぜずに粉のままスポンジにつけて使った方がよさそう。

ということが、ここ2週間、ぬか石けんを使って出た感想です。
ちょっと残念な結果です。
今まで作ったことがある方などがいらっしゃったら、
ぜひ、情報をお寄せください。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-30 06:31 | 台所

サイズアウトした服は…。

気づけば季節は秋。
衣替えのために子ども達のタンスを整理しました。
体が大きくなって来年はもう着られないな、という服が沢山出てきました。

我が子の服は多くが友人からの「お下がり」。
それを、この夏の間に何度も袖を通し、
何度も洗濯をかけた結果、
クタクタになり、穴があき、着丈が短くなり、
これ以上、誰かが着ることができなくなりました。
その数、何枚?

もちろん、そのまま捨てることはできません。
キッチンでペーパー代わりに使うウエスにするために
ハサミでちょきちょき。10センチ角ほどにカットしました。
b0131231_23572629.jpg

カラフルでかわいいウエス達。
これだけあれば、次の衣替えまで困ることはなさそう。
すでに台所で大活躍です。

そして、ウエスにするほどにくたびれていないけれど、
着られなくなった服は、
ご近所さんや親戚の子に着てもらいたいと思っています。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-19 00:06 | 省エネ/省資源

秋空の下で干し野菜作り

久しぶりの晴天!
着手したのは「干し野菜作り」。

と大げさに書いてみたものの、
普段の料理の下ごしらえのあと、
野菜をネットに置いてベランダに持っていただけです。

昨日は天気がよかったから夕方には少し乾燥していました。
早速、何か料理に使えるかな。

今回干したのは「ごぼう」と「さつまいも」
いつも行く自然食品のお店のおばさんが
「干しごぼう」は煎じてお茶にするとおいしいと教えてくれました。
干し野菜はお味噌汁の具としても重宝しますね。
以前友達の家で食べてそのおいしさにびっくりしたのは、
「えのき茸」。
パスタに入れると本格イタリアンに変身。
気候が安定している間はしばらく干し野菜を楽しめそうです。
b0131231_13525139.jpg

b0131231_13524622.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-18 09:10 | 台所

ラップを使って…

久しぶりにラップを使用したため、使い古しのラップが手に入りました。
b0131231_22135241.jpg


これを使って何をするかというと…。
トイレ掃除です!

私はトイレ掃除は合成洗剤を使わずに
クエン酸と重層を使っています。

普段は、重層をスポンジにつけてゴシゴシ洗いをするのですが、
重層がスポンジの穴ぼこに入ってしまうので、
研磨作用が半減してしまいます。

それがラップだと重層は埋もれることなく、
しっかりと汚れを落としてくれます。
ポイント素手でラップを手にとることです。
複雑な形をしている便器の内部のすみずみまで手を入れるのです。

ラップなし生活をスタートさせて5ヶ月ほど。
本当にラップを使う場面がなくなってしまいました。
でも、同時にトイレ掃除の道具を失ってしまうことになり、
若干、寂しさもあります。
今日は久々の相棒に出会えて幸せな掃除タイムでした。


ちなみに「「ラップなし生活」についてはこちらのページに書いています。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-10 22:19 | そうじ

原発ゼロの日-9月15日-

福島の原発事故後も稼働していた関西電力の大飯原発3号機が
点検のために停止しました。
そして、あと数日で大飯原発4号機も停止される予定だそうです。

その予定日、9月15日。

これに単純に喜んではいけません。
停止はあくまでも、点検のため、今後再開の可能性は残されています。
そして、東京電力の柏崎刈羽原発も再稼働を待っているところです。

生活クラブ生協が発行している「生活と自治」という冊子に、
小出裕章さん(京都大学原子炉実験所助教)の記事が載っていました。
その中で先生がおっしゃっていたことを少し抜粋したいと思います。

(以下、原文を少し変えています)
今まで(福島第一原発から)吹き出した放射性物質は、
日本の政府の主張によれば広島原発168発分。
4号機の使用済み燃料プールの底には、セシウム137だけで換算しても
広島原爆1万発を放射性物質があるはず。

(ここまで)

子どもの頃から広島の原爆を恐怖に感じながら育った私です。
3.11後、福島で原発が爆発したと聞いたときに一番に思い出したのは
広島の原爆の被害でした。
福島の事故では、その原爆168発分の放射性物質が飛び出したとは、
今回の事故の大きさがどれほどの被害をもたらしたのだろう、
おそろしくなります。

9月15日に日本の原発はひとまずすべて停止します。
でも、停止しているから安心ではありません。
また大地震が起こったら?
テロが起こったら?
宇宙から隕石が落ちて来たら?
可能性がゼロではありません。
そして、その可能性は低くもありません。

原発停止、そして廃炉。
強く望んでやみません。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-09 07:03 | その他

秋到来、新米の季節です。

なぜだか、急に思い立ち、
久しぶりに髪をさっぱりと短くしました。
そして、同時にベランダのバラを剪定したり、
子ども達の履けなくなった靴を処分したり、
壊れたものを修理したりと
忙しく動き出しました。

そう、秋なのです。

気づかぬうちに季節は移り、虫の音が聞こえてきます。
久しぶりに小説を読みました。
娘との運動も再開しました。
先週、田舎から新米が届きました。

b0131231_0261334.jpg

我が家のばけつ稲もしっかり実のっています。
平凡な日本の秋が過ごせることに感謝します。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-08 00:14 | その他

廃油石鹸作りに挑戦

以前から挑戦してみたい!と思っていたことの一つ
「廃油から石鹸を作る」ことをようやく実現しました。
夏休みの生活クラブ都市生活のイベントでのことです。

廃油石鹸を作る理由は
料理油を下水に流すのは環境汚染。せっかくなので再利用してみましょう。
ということでした。

何でもやりたがりですぐに実践に移す私が、
今まで廃油石鹸作りを躊躇していたわけは材料にあります。
廃油石鹸の材料である「苛性ソーダ」というのが、劇物なのだそうです。
薬局で買えるのですが、取り扱いには注意しなくてはいけないと聞き、
小さい子がうろうろする我が家では、まだ無理かなと思っていました。

お膳立てされたイベントの中では大丈夫かなと思い、参加したのですが、
実際に作ってみて思ったことは「これは家で作るのは難しい〜」ということ。
苛性ソーダのにおいを嗅ぐだけで喉の奥がチクチクしたし、
材料を混ぜ合わせたあと、かなりの高温になるので危険度が高いなと思いました。
何度も撹拌しないといけないので、ミキサーを使用したのですが
あと片付けも大変!
安易に家でやらなくてよかった…って思いました。

で、石鹸作りから1ヶ月間、
作った石鹸が完全に固まるまで家で放置していました。
そして、今日、ようやく解禁したのです!

b0131231_23515925.jpg

牛乳パックから出した石鹸はクリームみたい。
息子が「食べてもいい?」と手を伸ばしてきたほどです。

そして、使いやすいように包丁でカットしたものが次の写真です。
b0131231_23533431.jpg

おー、いつかどこかの雑誌で見た事あるような手作り石鹸の姿が現れました。
大成功。
クリーム色でしっとりしていて、触れるだけで気持ちいいです。
感激しました。

でも、この石鹸、使うときにも少し注意が必要だとか。
アルカリ性が強いので、肌に直接つけて使うのは厳禁だそうです。
運動靴や子どもの靴下の汚れを落とすのにいいよ、と教えてもらいました。
楽しみ楽しみ。
雨があがったら、早速、靴を洗ってみようと思います。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-07 08:35 | 台所

石鹸から石鹸を作る

夏休みに生活クラブのイベント「廃油石鹸作り」に参加しました。
そのとき娘は隣りで「石鹸から石鹸」を作っていました。

固形石鹸をおろし金ですりおろし、
そこへハチミツと精油を垂らしてコネコネ。
クッキー型などに入れて、好きな形を作ります。
粘土遊びの感覚で沢山作る事ができました。

b0131231_06452.jpg


固形石鹸を使う家は少なくなってきているのかなと思いますが、
我が家では大活躍中。
台所の食器洗い、お風呂場の体洗い(時には洗髪にも)
洗濯物の予洗い、靴洗いなど。

クッキー型のこの石鹸を洗面所で使ったらかわいいな〜。
でも、娘が許してくれないだろうな。
当分は彼女のコレクションになりそうです。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-06 08:02 | 台所

豪雨の中で。

今日は全国的に豪雨のようでした。
ここ西宮の雨、風もすごかったです。
身の危険を感じました。
息子を幼稚園に連れて行き、娘を学校に迎えに行き、
息子を幼稚園に迎えに行った3時間の間で傘を2本折りました。
1本は100円傘。もう1本はつい先日買ったばかりの新品です。
残念でなりません。

でも、その壊れ方が尋常ではありませんでした。
特に100円傘の方は、骨が曲がるだけではなくて、
ぼきぼきに折れた上でビニールもすべて剥がれてしまいました。
大人の私でも傘に振り回されてしまいました。
こういう強風の日は傘は役に立ちませんね。
娘を迎えに行き、合羽を着せて帰ってきました。

傘をさして帰った子ども達の中には、
陸橋の上で風にあおられ、傘が折れてしまった子が数名いました。
私の傘も陸橋の上で折れました。
高いところでは風が強いのでしょうか。

先日の竜巻の様子を見て、対策をネットで調べてみると、
マンションや家屋の上層部よりも1階にいた方がよい、とありました。
地上50センチぐらいまで身をかがめば比較的、風が弱いそうです。
覚えておかなければなりませんね。

たった数時間の出来事でしたが、私は疲労困憊しました。
大雨、強風の中、あちこち出かけなければならなかったことも理由ですが、
やはり子ども達の安全を守らないといけないので、
力が入ったのだと思います。
異常気象がこれから先も続くと思うと、
母親である私は強くならないといけないな、と気持ちを改めました。

そう、それで疲れを癒すために
(傘が折れたショックを癒すためにも)
娘の靴下2足、娘のシャツ2枚を繕いました。
b0131231_16513423.jpg


温かい静かな家の中での裁縫は気持ちが穏やかになります。
家の中は安心できる場所です。
この空間にありがとう。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-04 23:50 | 修理して使う

朝顔で色水づくり

気象庁によると、今年の夏は「異常気象」だったそうです。
猛暑と豪雨、そして先日の竜巻。
被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げたいと思います。

異常気象の理由は温暖化だそうです。
そして、今後もその傾向は続くそうです。
私たちもそのつもりで今後の対策を考えていかないと報道されていました。

個人として、小市民として、温暖化対策は何ができるのか。
知っている人があれば、本当に教えて欲しいです。
何ができるのだろう、毎日、考えています。

そんな中、今朝はグリーンのカーテンに朝顔が沢山咲いていました。
朝顔は晩夏に沢山の花が咲くので、これからもう少し楽しめるかなと思います。
(朝顔は短日植物で、夜の時間がある一定以上長くなると花芽ができます)
b0131231_23134867.jpg



小さな息子は朝顔が咲くとすぐに花を摘んできて、色水を作って遊びます。
b0131231_23142254.jpg


今朝も一生懸命作品作りに取り組んでいました。
分かりますか?
本人曰く「ライオン」だそうです。
朝顔の色水は、きれいな色だけれど色塗りに使うには色がうすすぎますね。
b0131231_231559.jpg


東京の板橋区に住んでいたときには、
グリーンのカーテンを楽しんでいる家が多く見られました。
でも、西宮ではあまり見かけません。
地域によって流行が違うんでしょうね。
でも、グリーンのカーテンは手間入らずだし、
見た目に涼しげだし(実際に涼しいという調査結果もあるし)、
楽しいし、本当におすすめです。
微力ながら、温暖化対策の一つになるかな。
関西圏でも流行って欲しいな。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-09-03 23:35 | 省エネ/省資源