<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏休みにキャンドル作り

夏休みもあと1週間。
子どもと一緒に色々なことを経験した夏でしたが、
締めくくり(?)に、
娘のクラスメートと一緒にキャンドル作りをして楽しみました。

以前、このブログでも書いたのと同じ要領で、
市販のロウソクを湯煎で溶かし、クレヨンを混ぜて
紙コップに流し入れただけの簡単お手軽なキャンドル作り。
工程が少ないので、2年生でも失敗なくできました。
ロウソクをハサミでカットするのに苦労したり、
ロウが湯煎で溶けるのを暑さの中、一生懸命に確認していました。

キャンドル作りのあとは、
みんなでお鍋でご飯を炊き、おにぎりを作って食べました。

お米をといで、水を測り、30分吸水させて、
お鍋に火をかけます。ぐつぐつしてきたら、火を弱めて8分。
火を止めたあとも、少し待って、ご飯の出来上がり。
みんなで作ったご飯は格別においしい。
おにぎりもうまくできた子も、そうでない子も大満足の様子でした。

半年前まで炊飯ジャーでご飯を炊いていた私が
子ども達と一緒にお鍋で炊飯だなんて驚きです。
今回、一緒に参加してくれたお母さん達も鍋炊飯を楽しんでくれたようで、
早速、家で試してみてくれたとのこと。
ちょこっとエコにつながる家事の工夫が広がって嬉しいな。
キャンドルナイトも試してくれるといいな〜。
b0131231_8155941.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-08-24 08:32 | 子供とエコ

冷蔵庫の節電

数日前、冷蔵庫の点検にメーカーの人に来てもらいました。
そのときに聞いたことで、へーと思ったことが一つありました。

「冷蔵庫にはモノを沢山詰めない方がよいというのは、本当ですか?」
という私の質問に対して、答えは意外なものでした。

「冷蔵庫にモノを詰め込みすぎないということは必要です。
でも、何も入っていないよりも、ある程度入っていた方がいいんですよ」と。

彼曰く、
「冷蔵庫を開け閉めしたときに、モノが入っていないと
冷気が外にザザーと逃げやすくなります。
ある程度、モノが入っていることでカーテンのような役割になり、
冷気が逃げにくいのです」と。

これは意外でした。
冷凍庫にもモノはある程度入れておいた方がよいという考えも
聞いたことがありますし、
その逆に入れない方いい、と聞くこともあります。
どんなことにも、正反対の理論が成立するものですね。

結果、色々なことを加味して合理的に考えると、
「冷蔵庫内の冷気の通り道をふさがない程度にモノを入れ、
全く空っぽにしない方が冷気は逃げにくい」
ということなのかな、と理解しました。

夏の前に常温保存できるものを冷蔵庫から出した私ですが、
また冷蔵庫に戻してみようかなと思います。
(開封済みのメープルシロップを常温保存し、
カビを生えさせてしまい破棄しました。
いい勉強になったけれど、もったいなかった〜。)

日々、勉強です。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-08-18 23:42 | 省エネ/省資源

冷蔵庫を買い替える前に

どうも冷蔵庫の具合がよくない。
側面が異常に熱くなってしまうし、冷蔵庫の通風口周辺が凍ってしまう。
よくよく冷蔵庫を見ると、
ドアについているパッキンが劣化してへこんでいるよう。
外に冷気は漏れていないようだけれど、これは大丈夫?
今までもそうだったのかな?気づかなかっただけ?
分かりません。
でも、気になり出すとどうしようもないのです。

10年以上使っている冷蔵庫だし、
買い替え時なのか?やっぱり家電の耐久年数は7年?
最新の冷蔵庫は消費電力も抑えられると聞くし…。
エコを考えると新しいものにした方がいい?
そういえば、1年前に引っ越ししたときに
引っ越し屋さんに「この冷蔵庫、かなり年季が入っていますね。
どうして買い替えなかったんですか?」と聞かれたのです。
その言葉がどうしても気になって仕方ないのです。
でも、買い替えるとなると10万近くはするし、
壊れてもいないし、簡単じゃないなぁ…。(ぶつぶつ)

と色々と悶々としていました。
迷っていても仕方ない。
メーカー点検(必要とあらば修理)を依頼しました。
専門家に「これはもうダメです」と言われれば、買い替えればいい。

そして、今日、冷蔵庫を見てもらったら…。

「パッキンは少し外れてしまっているので、入れておきました。
これで外気が冷蔵庫に入らなくなると思います」とあっさり作業終了。

「どこか壊れていませんか?」と私。
作業員さんは「問題なさそうですが…」と。
えー、拍子抜けしました。

それで私が
「外側が熱くなるのは?」と質問すると
夏場はどの冷蔵庫も同じようなものです。
もしかして、パッキンがずれていたせいで、
冷蔵庫の中が少し温度が上がってしまっていたのかもしれません。
冷蔵庫が余計に冷やそうとして、熱くなってしまったのかもしれません」
と答えをくれました。

ついでに
「古い冷蔵庫だけれど買い替えた方が消費電力はいいのですか?」
と質問してみました。
すると「冷蔵庫というのは元々消費電力は大きくないのですよ。
冷房の100分の1ぐらいなのです。消費電力を気にするほどでもないかもしれません」
と。

メーカーの修理担当者は「冷凍庫が溶け始めたわけでもないし、まだ大丈夫ですよ」
私の迷いをすーっと取り除いてくれました。


よかった〜。
出張、作業費で3700円程度。
安く上がった。
何も考えずに冷蔵庫を吟味し始めていた私。
10万円の節約になったぞ!

やっぱり、モノは捨てる前に修理ですね。

ちなみに実家の冷蔵庫と電子レンジは私が物心ついたときから同じものです。
おそらくどちらも30年は使っています。
家電の耐久年数は使う人にかかっているってことかな?

ということで、久々に石鹸で掃除をしました。
秋になったらもっと気合いいれて掃除するぞ!
あと20年、頑張って使うぞー。
エイエイオー。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-08-16 10:27 | 省エネ/省資源

洗濯は3種の洗剤をローテーション

ご近所さんに「石鹸仲間」を見つけました!
色々と話をしている内に彼女の洗濯の方法を教えてもらいました。

彼女の方法はこうです。
洗剤として使うのは、3種類。
粉石けん、酸素系漂白剤、アルカリウォッシュ

これらを3週間でローテーションするのだそうです。
第一週目(月〜日)を石鹸で洗ったら、次の週は酸素系漂白剤、
その翌週は、アルカリウォッシュで洗うというのです。

石鹸はすすぎの回数が2回は必要ですが、酸素系漂白剤やアルカリウォシュは
泡が出ないので、すすぎの回数が一回で済みます。
節水になるし、石鹸を毎回使わないので環境にも優しい。
漂白剤を使うので、洗濯物がすっきり白くなるといいます。
粉石けんを使い続けるとどうしてもくすみが出てくるので、
それが悩みでした。
聞いているとメリットが多いように思います。

ただし、酸素系漂白剤やアルカリウォッシュはお湯のつけ置きが必要なので、
その分、手間と電気代(ガス代)がかかります。

節水、節電、環境負担を考えると、
石鹸ばかりを使うのがいいのか、
彼女のようにローテーションするのがよいのか迷いますが、
実際にやってみないと答えは出ません。
しばらく続けてみようと思います!
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-08-14 10:44 |

緑のカーテン成育中

我が家のベランダは西側を向いています。
午後の光は強くて、カーテンを閉めずにはいられません。
せっかくの自然光をカーテンで遮断してしまうのはもったいない。
暑さ対策と、光の確保のために、今年は緑のカーテンを作りました。

b0131231_10304978.jpg


朝顔とフーセンカズラで作ったカーテンです。
初夏5月頃にタネをまいて育てたものです。
7月の終わり頃から順調に壁を覆ってくれました。
これのおかげでカーテンを閉めずに
光を取り入れることができるようになりました。

緑のカーテンは色々な調査結果が出ていますが、
カーテンの内側の温度は何もしていない時と比べて
2℃以上下がるという結果もあります。
我が家では実際に温度を計ることはありませんが、
見た目に涼しく、とても爽やかな気持ちになります。

子ども達は朝顔が咲くとすぐに摘み取り、
色水を作って遊び始めます。
日本の夏の風物詩、朝顔の緑のカーテンを親子共に楽しんでいます。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-08-13 10:30 | 省エネ/省資源

扇子の風は優しい風

子どもが夏休みに入り、
とたんに PCに向かう時間がなくなってしまいました。
その間もアクセスしてくださった皆さん、申し訳ありませんでした。
夏休みが終るまで1ヶ月弱は
ペースが乱れそうですが、おつき合いください。

さてさて、夏休みということもあり、
友達と会う機会が増えました。
そして、その友人達から素敵な贈り物をいただきました。

写真の扇子です。
これが、本当に重宝しています。
b0131231_1015619.jpg

カバーに入っているので、かばんの中で開く事もなく、
存在感もあり、外出時にはいつでも持ち歩いています。

自分が扇子を持ち歩くようになってみて、
周りを見渡してみると、扇子人口の多い事!
電車の待合室などは、ほぼ全員が使用。
特に年配者の使用率が高いようです。

扇子と一口に言っても、いろいろな柄があるもので、
それを見ているだけで、長い電車待ちの時間が
素敵なものに変わります。

扇子の風は、うちわのそれと違い、
本当に優しいよい風で、
暑さを楽しめそうな気持ちになります。
(実際には、楽しめませんが…)

暑さがまだ続きそうなので、
ほんのちょっとでも楽しめる工夫を探して行きたいと思います。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-08-11 10:29 | 省エネ/省資源