<   2013年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

竹の香りのご飯

残りご飯が冷めてしまったときには、蒸し器に入れて温め直しています。
濡らした手ぬぐいにご飯を包んで蒸し器に入れます。
ふんわり仕上がるので、家族にも好評。
電子レンジよりも時間はかかるので、省エネかどうかは自信がないけれど
今は、電気の消費を抑えたい。

でも、でも、最近になって気になりだしたのです。
ご飯が若干、石鹸のにおいがする…。
私は洗濯に粉石鹸を使っているのですが、若干香料が入っているのです。
一般的な合成洗剤の香りとは違うけれど、やっぱり香料には違いない。
食べるときに、それが少し気になるのです。
一度、気づいてしまうとダメですね。
気になって、気になって。
ふりかけをかけたり、梅干しを混ぜたりしないと食べられない。

あー、蒸し器でご飯を炊くのが気に入っていたのに。
我が家に定着もしてきたというのに!
そういえば!
友人から「ご飯は竹の蒸篭で温め直しているよ」と聞きました。
これなら手ぬぐいなしで使えるかも。竹の蒸篭、試してみたいなぁ。
ご飯がおいしいだろうな。
でも、新しいものを買うのに抵抗がある…。
石鹸を無香料にするか…。
しばらく、頭を悩ませそうです。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-30 07:17 | 台所

ゴミ箱の中のエコアイデア

春休みで夫の実家に帰省中です。
こちらの家庭、エコにはほど遠い、と思っていました。
が、挨拶から1分少々でエコアイデアを発見!
手洗い場の小さなゴミ箱の中にチラシで折った箱が使われていました。

我が家でも同じようなチラシの箱を三角コーナーの代わりに使うことはありますが、
ゴミ箱の中に入れる発想は持ち合わせていませんでした。

手洗い場のゴミ箱には、
(うっかり)コンビニでもらってしまった小さなビニール袋を使っています。
でも、本来ならビニール袋は廃棄せずにプラゴミとしてリサイクルすべきものですよね。
ゴミ箱の中にチラシの箱を使うとは、ナイスアイデア!
お姑さん、このアイデアいただきましたよ〜。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-28 07:22 | そうじ

31はコーンで注文

最近、仕入れたエコアイデアで感動したものがあります。

サーティーワンアイスは、カップではなくコーンで注文するというもの。

そうすれば、消耗品であるカップの使用を控えることができる。
ブラボー!!!!!
すばらしいアイデアです。

これは使える!

嬉しくて夫に言ったら
「ボクは前からコーンしか注文しない」
ときっぱり言われてしまいました。
エコ派でもエコ派でなくてもコーンっていいですよね。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-27 10:59 | 省エネ/省資源

洗濯ハンガーの修繕

またもや修繕の話題です。
いやはや、本当に毎日、何かを修理する日々です。
今日は洗濯用ハンガー。

ピンチが大量に外れた状態で長い間、使い続けていました。
まだ使えるものを買い替えるのは嫌。
しばらく我慢だ!使い続けていました。
でも、ふと気づいたのです。

これって、修繕できるんじゃない?


このブログを書き出してからというものの、
生活が「エコ、限りある資源の為に何ができるのか」を
基準に動くようになりました。
だからこそうまれた発想=修理です。

思い立ったら行動は早いのが私。
まずは、はずれたピンチを確認してみました。
修繕も何もただ「はずれただけ」でした。
少し力を入れれば元に戻りました。
実際に修繕の必要だったのは、たったの4個。
今まで私は何をしていたの?と自分を責めたい気分になりましたが、
そこをぐっと抑えて、針金を出してきました。

そして、ピンチに針金をぐるぐるっと巻き付け、洗濯ハンガーへ設置。
修理完了。

思いつきから完全復活までほんの数分です。

もし捨ててしまっていたら、その方が時間がかかっていたと思います。
その流れをシュミレーションしてみました。

捨てる
(ゴミ回収後の流れは省きます。本当はここが一番大事だけれど)
 ↓
新しいのを買ってくる。
 ↓
そして、買って来たものを袋から出す。
 ↓
ピンチを留めていたゴムをはずす。
 ↓
包装容器を分別する。
 ↓
ゴミの日に出す。
などなど。

無精者には、修繕!
ですね。

b0131231_2250738.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-26 09:38 | 修理して使う

ゴミ出しは週1回に

プラゴミの分別回収が始まって約2ヶ月。
野菜くずをコンポストに入れ始めて約2週間。
レシートなどの小さいゴミも資源ゴミに入れるようになって数週間。
ゴミダイエットが着実に進んでいます。
今や台所のゴミ箱は1週間経ってもいっぱいになりません。
でも、卵の殻や生ゴミが少し出るので、
1週間に一回はゴミ出しをしています。
今の季節なら2週に一回でも大丈夫そうです。
(まだ試していませんが、試してみようかな)
プラゴミは腐るものではないので、
小さく圧縮してしまえば、2週間はゴミ出しの必要はありません。

これだけでも、家事はうーんと楽になります。

プラゴミをゴミステーションに出すのは娘の仕事です。
それが、今や半分に減りました。
そして、私の方は、
燃えるゴミを「重くて持てない…」と言っていた娘に、
「軽いよ」と言って、ゴミ出しをお願いできるようになりました。
(となると、娘のゴミ出しの回数は減らないですね〜♡)

ゴミを軽く分別するだけで、
ゴミだったものが再利用され、
主婦と子供の仕事が減り、
なんとも幸せな循環がうまれています。

あ、でも春休みかぁ。やってくれるかな、彼女。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-25 09:31 | 台所

西宮市の資源Bって何?

ここ数週間、西宮市のゴミの出し方を書いていますが、
私自身、まだゴミの出し方をマスターできていない。すっきりしないのです。
西宮市役所に電話で確認するも、担当者によって違う答えになることが多く、
本当に混乱しています。
ということで、またもや
0798-35-8653(ハローゴミ)に電話をして聞いてみました。

質問1)簡単に把握したいのですが、紙ゴミであれば、何でも資源Bに出してよいということですか?
市役所回答)再資源化できない紙や汚れがひどいものでなければ、紙ゴミとして出してもらえます。

質問2)再資源化できない紙とは?
市役所回答)
窓付き封筒(透明のビニール)、ビニールコート紙、紙コップなどのワックス加工品、油紙、写真、防水加工紙、感熱紙(レシートやFAXに多い)、裏カーボン紙、ノーカーボン紙です。


質問3)レシートは資源ゴミとして出してよいと聞いたが…。
市役所回答)スーパーなどで使われるレシートは感熱紙が多いと思います。感熱紙じゃないものであれば、紙ゴミとして出してもらって大丈夫です。
※注釈
感熱紙タイプのレシートは数年経つと印字が消えるタイプのものです。紙がツルツルしています。ほかに西宮では、大阪ガスの請求書も感熱紙だと思います(注釈は私の意見です)

質問4)汚れがひどい紙ゴミとは、どの程度ですか?クレヨンや絵の具で描いたものは?
市役所回答)難しいので、一概になんとも…。クレヨンや絵の具などで紙に汚れがしみ込んでいるものは汚れがひどいと判断してもらっていいのでは。学校で使うノートなどは資源Bとして出して大丈夫です。

担当者も私の細かい質問に苦しみながら答えてくださいました。感謝しています。ゴミというのは家庭によって違うので、判断が難しいとのこと。そのため、市役所からは資源Bとして出すゴミはを出すようにお願いしているということなのでしょう。

<資源B>
「雑誌」「古本」「まんが」「単行本」「辞書」「百科事典」
「紙箱」「菓子箱」「包装紙」「チラシ、雑紙」「折込み広告紙」
学校でもらったプリント類、学校で使った教科書、ノート
その他紙(汚れていないもの)
一般的なハガキ(DM)紙製の封筒(ビニールのないもの)
ティッシュの箱(窓枠のところのビニールはダメ)

注意
小さい紙類は封筒に入れて風に飛ばされない様にして廃棄

住所等の個人情報が流出しないように気をつけて廃棄すること

太字にしたのは、我が家でよく出るゴミで今まで一般ゴミで出していたものです。
これらを資源Bとして出すとゴミの量はものすごーく減ります。
資源Bは種類ごとに分けて結束することなく、混ぜてしまってよいそうです。
我が家では資源Bを入れるの袋を用意して、不要な紙はぽいぽい入れています。
レシートなどは封筒に入れてます。袋がいっぱいになったら結束して収集日に出しています。
これは全く手間ではありません。長く続けられそうです。
b0131231_639326.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-24 06:53 | ゴミいろいろ

水菜の水切り法に娘は…。

最近、宅配で届く野菜の中に水菜が登場する回数が多いです。
たいていの場合はおひたしにするのですが、
久々に生サラダにして食べました。
そのとき、洗った水菜の水切りについて考えました。
どうやったら、しっかり水が切れるのか…。
以前から水切り器(サラダスピナー)を欲しいと思っていますが、
調理器具を増やすのが嫌で購入せずにいます。
500円ぐらいであるので、ケチっているつもりはないのです。(本当に)

で、思いついたのが
水菜を入れたボールにザルを重ねて、振るという方法。
丁寧な仕事をするため、
シェイクしまくったあと、一度、ザルにあげ、
ボールについた水滴を布で拭き取りました。
そして、もう一度シェイクシェイク。
そして、水菜を皿に出したら、まぁ、素敵。
しっかり水気が取れていました。

これは、いい発明!

娘に早速、この発明を説明しました。
そしたら、娘が目を丸くしていいました。
「ママすごいね!」
私はもう嬉しくて仕方ありません。
でも、そのあと娘は
「でも、びちょびちょになるね!」
とニコニコ。

そう、その通り!
彼女にはかないません。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-23 09:16 | 台所

筆箱の化粧直し

娘に筆箱を買い与えるときに、あまり注意を与えるのが行けなかったのですが、
彼女は1学期の間に筆箱をこのようにしてしまいました。

b0131231_0143240.jpg

あまりの汚さに本人は使う気を失ってしまったようで、
弟(3歳)に買ってあげた別の筆箱を持って行っていました。
それが、数日前に取り合いの大げんかに。
弟はついに自分の筆箱を返して欲しいと主張し始めたのです。
仲裁に入った私は娘に筆箱をきれいにしてあげるから、
弟に筆箱を返すように言いました。
そのアイデアに娘も納得。
そして、今夜、私は夜更かしして筆箱の化粧直しをしました。
b0131231_0144569.jpg



使っていなかったクリアーファイルを切り取り、両面テープで張り付けました。
カバーしきれなかった部分にマスキングテープを貼ってできあがり。

どうかな。娘は気に入るかな。
使用したクリアーファイルのキャラクターがあまり可愛くないので、
娘がどう反応するか。
でも、嫌でもしばらくは使ってもらいたいと思います。

それにしても、最近、修繕や作り物ばかりしているなあ。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-22 09:05 | 手仕事

短い鉛筆のその後

娘が鉛筆を短くなるまで使うので、鉛筆用のソケットを買ってあげました。
それでも何本も同時に短くなって行くので、ソケット1本では足りません。
仕方がないのでソケットの代わりに、
鉛筆に厚紙を巻いて鉛筆の長さを延長してみました。
それから2ヶ月ぐらい過ぎました。
娘の厚紙ソケットの短い鉛筆を使わせてもらいました。
うむむ、使いやすい。私が作ったときと使用感が違う、なぜ?
娘に聞いてみると、答えが返ってきました。

「紙がくねくねして使いにくかったから、中に鉛筆を入れたの」と。
b0131231_23582754.jpg

鉛筆のお尻の部分から2本の短い鉛筆が現れました。
なるほど〜。
なんとも、すごいアイデア!
2本の鉛筆を厚紙ソケットの芯にしていたようです。

b0131231_23591262.jpg

そして、彼女はまた短い鉛筆を厚紙ソケットの中に戻してしまいました。
「先生もびっくりしていたよ」と得意げな娘。
そりゃ、驚くでしょうよ。
厚紙ソケットの産みの親である私としては娘に越されたようで複雑な気分です。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-21 09:55 | 子供とエコ

お弁当ってエコ

最近、夫のお弁当を作り始めました。
結婚して十数年、ほとんど作ったことがなく、
夫は昼、夜の食事を外食でまかなっていました。
夫の健康が気にならないわけではありませんでした。
経済的な負担が気にならないわけでもありませんでした。
でも、作れなかった。
何かもう一つ、私の背中を押してくれるものがなかったのです。

でも、最近になって、
外食や買い食いをやめるとエコにつながると意識し始めました。
お弁当の入っている容器は一回の使い捨て。
使われている材料は、
安価を実現するためにエコを度外視したものになっている場合が多い。
またその食材は健康的にも不安が残る。
農薬、遺伝子組み換え、添加物使用など。

そして、お弁当を作ろうと思い立ったのです。
でも、お弁当経験がない私には、どんなお弁当が最適かが分からない。
そんなときに大きなヒントを与えてくれたのが、
こちらのブログ。
ご本人がエコへの意識が強く、
ナチュラルな暮らしを実現されています。
彼女の食事は見た目にも「おいしそう」「健康そう」なものばかり。
これを真似しよう!真似したい!

そして、
我が家の一汁一菜の食事にプラスアルファ、お肉を加えた形で
夫にお弁当を持たせ始めました。
(お汁は持って行かないけど)
そしたら、夫に大好評。
これなら、お弁当作りが続けられそうです。
夫は健康的な食事ができ、経済的にもハッピーで、
そしてエコにも優しい。
お弁当ってなんて素敵。
今まで気づかずにごめんなさい。

b0131231_1526473.jpg

[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-19 09:16 | 食の安全