<   2012年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

食器洗いに石けん(1)

ここ数年、食器洗いには石けんを使っています。
その形状は、液状だったり、
粉石けんをお湯で溶かして半液状だったりと色々と試しました。
最近1年ぐらいは、固形石けんを使っています。

液状石けんは若干高め。
粒状石けんだと、お湯に溶かして準備しておかないといけない。
正直、少し手間です。
固形石けんだと袋から出してすぐに使えます。
私には、経済的にも、使い勝手も固形石けんがちょうどよい感じです。

純石けんは、合成洗剤に比べて環境への影響が少ないと言われています。
石けんの成分は、微生物に分解されやすく、
下水処理した水を海や川に戻しても
水質や魚等をひどく汚染せずにすむそうです。
水が巡りに巡って、自分達の元に戻ってくると考えると、
できるだけ環境への影響が少ないものを使いたい。

それに、何よりも身体への害がないのが安心です。
体を洗っている石けんなので、
手荒れなどの心配も少ない。
子ども達が洗い残した石けんカスを口にしたとしても安心です。

もう随分前のことですが、
シンクにゴキ君がちょろちょろっと姿を現しました。
どこかで「合成洗剤でゴキがコロリといく」と聞いたことがあったので、
すぐさま、洗剤をどぼどぼどぼ〜とかけてやりました。
そしたら、みるみるうちにゴキは弱り、あっという間に死んでしまいました。
そのときの経験があるので、
合成洗剤が口に入るのは、
本当に恐い。致死量を飲むことはないにしても、
いい気持ちはしません。

でも、私の性格はといえば、とっても大雑把。
分かっていても、どうしても、丁寧にできないのです。(何故?)
なぜか、お皿などの裏に泡が残ってしまう。
だったら、合成洗剤を使わない方がいいに決まっています。

でも、長いこと、合成洗剤とは離れられませんでした。
何度も戻っては離れ、戻っては離れました。
まるで、どこかの腐れ縁のカップルのように。
でも、少しずつ距離を置き、
いまではきっぱり別れる(離れる?)ことができました。

食器洗いに石けんを使いこなすには、
少し工夫が必要ですが、私は楽しんでいます。
次回も、もう少し石けんについて書きたいと思います。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-30 23:20 | 台所

絵本『うんこのだいぼうけん』

数日前に図書館で借りて来た本が、娘に大ヒット。
すごく喜んで何度もページをめくっています。

b0131231_21385389.jpg

『うんこのだいぼうけんー下水道の話(知識の絵本)』

下水道について知りたくて借りて来て本ですが、
想像以上に面白くて、この1冊あれば、
あなたも今日から下水道博士!というぐらいに、
詳しく書かれています。

トイレから流れた排泄物が、最後には水や肥料等に代わり、
人間の役に立っているという流れ。
そして、下水道の歴史が解説されています。
全ページかわいいイラストが描かれていて、
子ども達はその絵を見るだけ楽しいようです。

中でも娘が気に入ったページは
下水道の中にピラニアがいた話や、
人が飼っていたワニげ下水道の中で成長して大きくなっていた話。
ちょっと信じがたい話ですが、子供心にヒットするようです。

台所などから出た汚れた水が、下水道を通り、
下水処理場できれいにされ、川や海に戻る。
合成洗剤などに残る石油分などは分解されにくく、
海の汚れや魚などの汚染につながります。
そのことを意識して暮らしたいなと思います。

『うんこのだいぼうけん』

子供向けの本ですが、大人でも楽しめる一冊です。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-29 21:49 | 子供とエコ

手洗いは風呂桶で

ここ数週間、習慣にすべく挑戦中なのが
風呂桶に水を汲んで手を洗うこと。

以前から私自身は朝の洗顔のときに
風呂桶で風呂の残り湯を使っています。
でも、子ども達の手洗いなどには、
水道の蛇口から直接水を出して使っていました。
娘も小学1年生なので、
少しは環境のことを理解できるようになってきたので、
水の大切さを伝えるためにも、風呂桶を復活させよう思っています。

最初は娘は面倒に思うかな、と想像していのたですが、
意外にも喜んでいます。
というのも、お風呂の残り湯は
温かくて顔を洗うのも気持ちよいのだそう。
1日前の残り湯を使うことが清潔かどうかはわかりませんが、
私自身は、ここ数年、残り湯で顔を洗っていますが
顔をばい菌にむしばまれた経験はありません。
我が家は、小さい子供が少しだけお湯につかる程度なので、
お湯もさほど汚れていないのでしょう。
(毎日、新しいお湯に入れ替えているし)

毎回、風呂の残り湯を使うことはできないかもしれないけれど、
風呂桶に水を汲んで手を洗うことは習慣にできればと思います。

もう20年も前のことですが、
中国の内モンゴル自治区に旅行に行ったことがあります。
星の降る草原の中、ゲルに泊まりました。
翌朝、目覚めたとき、
風呂桶にポットで注いでくれた水で顔を洗いました。
地平線を臨みながら顔を洗った経験は
20年経った今も鮮明で、
とても美しい光景として心に残っています。

今の私は日本の小さなマンションの洗面台で顔を洗っています。
でも、本当に時々だけれど、
ゲルで顔を洗ったときの感覚を思い出すのです。
美しい景色を大事にしたい、
その気持ちを
お風呂の残り湯に託して、
明日からも風呂桶で手洗いをしたいと思います。

b0131231_17431687.jpg

蛇口に手が届かない子。風呂桶があるととても便利。
これが背が伸びてしまうと、風呂桶が必要なくなります。
その前に習慣化できるとよいな、と思っています。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-28 18:00 |

みかんの皮

今夜は、みかん風呂でした。
入浴剤は、乾燥みかんの皮です。

無農薬でノーワックスのみかんが手に入ったときには、
天日に干して、乾燥みかんの皮を作っています。

みかん風呂の場合は、袋に入れてそれをお風呂に浮かべるだけです。
湯がほんのりオレンジ色になり、とてもよい香りがします。
その袋で体を軽くこすると、その油分でしっとりとします。
香りがすごくよいので、リラックスできるし、
保温効果が高いのか、ぬか同様、湯冷めしにくい気がします。

乾燥したみかんは料理にも重宝します。
基本はゆずの代わりに使っています。
浅漬けに入れてみたり、湯豆腐にちょっと浮かべてみたり。
肉と一緒に軽く焼くと、肉汁にみかんの香りが移って、
贅沢な味わいになります。

この時期とても重宝しますが、
乾燥させるが意外と難しい。
みかんを食べた後、つい皮を捨ててしまったり。
天日干しをしている間に雨が降ってしまったり…。

で、今日も外は雨。
昨日からベランダに出しっ放しのみかんの皮。
今頃どうなっているかなぁ。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-26 22:23 | 自然素材

娘の提案ーぼろ切れ利用

昨晩の夕食は、お好み焼きでした。
先日のリベンジというわけではなく、
何も知らない夫からのリクエストでした。
今回はおいしくできました。娘、大満足。

でも、お好み焼きは後片付けが大変ですね。
ホットプレートを洗ったり、ソースべったりのお皿類を洗ったり。
ちょっと苦手です。

油汚れは、下水道管を詰まらせる原因になるそうです。
『汚れを水で流す前に、油は紙などで拭き取ること。』
娘が遠足で行った「水の科学館」で習って来たことです。
以来、私が拭き取りを忘れていないかを時々チェックします。

引っ越し後すぐには、皿の梱包用の薄紙を利用していました。
その後は、食事時に使ったティッシュで拭き取っていました。
我が家はあまり油っこい料理はしないので、
それで間に合っていました。

それが先日のことです。娘がこんなことを言ってきました。
「先生の家では、旦那さんの古くなった洋服をハサミで切って、
掃除などに使っているらしいの。お母さんはやっている?」
と。
ドキっっ。(やってない…、やったことない…)
あまり話を膨らませたくなかったので、
「先生はそんなことやっているんだね」で終らせました。

でも、エコを気にしている!と語っているのに
知らないふりはできないなぁ、と気になり始め、
早速、不要になった夏のTシャツを5センチ角にカットしました。
私の半袖Tシャツで50枚も作れました。
これが、使いやすいのなんのって!
お箸で扱いやすいし、汚れも吸着しやすい。
紙よりも断然いい。

今夜は、ソースでベタベタしたお皿をぼろ布で、
ササーと拭き取って、石けんで洗い流しました。
なんだか、家事が楽〜。
先生ありがとう!娘よありがとう!

今まで子供の洋服を捨てるときに、
もったいないなぁと感じていたので。
(もう十分、着古したものなのですけど)
最後の最後まで利用できるのは、嬉しい。
我が家に新たな習慣が一つ生まれました。
定着するまで、試行錯誤したいと思います。

b0131231_118374.jpg

今夜は娘が喜んで「ぼろ布」でホットプレートを拭いてくれました。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-26 01:32 | 台所

トイレ掃除は素手で

週に1回、トイレ掃除をします。
気持ちが向いたときにやるので、
もしかしたら、10日に一回程度かもしれません。
それでも、我が家のトイレは見た目はきれいです。
(だから、たぶん、清潔だと思います。。。)

私の掃除の方法は簡単。
スポンジに重層をかけて、便器を磨くだけ。
時々、クエン酸もふりかけて磨きます。
手袋をすると掃除が億劫になるので、手袋は使いません。
素手です。
重層やクエン酸なので、手が荒れることはありません。
まれにクエン酸が手の傷にしみることがあるので、
手に直接触れないようには気にしています。
もちろん、あとで石けんで洗えば、手は清潔。
手袋を洗う手間が減り、
無精な私にはぴったりの方法です。

重層は研磨作用があるので、
便器内の汚れをこすり落としてくれます。
クエン酸を使えば、酸が尿と反応して汚れが落ちやすくなります。
下の写真に入れるのを忘れましたが、
ぞうきんがけのときに、クエン酸水で濡らし、
便器周りと床、壁、ドアをぞうきんで拭きます。
(気が向いたときにクエン酸を入れます。普段は水だけ)
それで終了。

準備から後片付けまで、
5分以内に終ります。

元々は小さい子供が間違って薬品をなめたりしないように
始めた重層での掃除ですが、
今ではすっかり定着しています。
さて、今週はいつ掃除をしようか。
(たった5分なら今やれよ!っと自分で突っ込んでみています)

b0131231_7171039.jpg


※クエン酸はパイプなどをさびさせてしまうこともあるそうなので、
使用時には気をつけてくださいね。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-25 07:19 | そうじ

お風呂の楽しみ

この時期のお風呂の楽しみといえば「ぬか風呂」
我が家では、ここ数年、ぬか風呂を楽しんでいます。

用意するものは
新鮮なぬかと、それを入れる袋だけ。

例年はお米屋さんで分けていただいていましたが、
引っ越しをしてきた今年はどうしようかなぁと思っていました。
それが、最近になって友人の一人が精米機を利用していて、
ぬかが沢山あるということが分かったのです!

私ってなんてラッキー。

ぬかは酸化しやすく、すぐにおいがきつくなるので、
お風呂に入れるのは、新鮮なものでないとダメです。
それが、いただいたぬかは、とっても新鮮。
ほんのり、ぬかの優しい香りで気持ちがいい。

早速、お風呂に入れて試しました。
湯船につかりながら、ぬか袋で体や顔をそーと洗うとお肌すべすべ!
つるつるして、自分でもうっとりです。
ぬかはほとんどが油分なのだそうです。
だから、お風呂からあがっても、しっとり感は残ります。
アトピーの我が子の肌は乾燥しやすいのですが、
ぬか風呂のあとは、しっとり。子供らしい肌に戻ります。
ぬかの入ったお風呂に入ると、体もあたたまります。
湯冷めしにくい気がします。

昔、合成洗剤のなかった時代、ぬかは洗剤として使われていたと聞きます。
というわけで、
ぬか風呂のお湯は、そのまま洗濯のお湯として利用。
お風呂のお湯が汚れることが少し気になりますが、
多量に使わないように気をつけながら、楽しみたいと思っています。

b0131231_9144084.jpg

我が家のお風呂用の袋です。いろんな自然由来の入浴剤を入れて楽しんでいます。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-24 09:19 | 自然素材

小さな習慣、小さなタオル

以前できていたことが、
何かのきっかけでできなくなるってことがよくあります。

最近になって気がついたことが、
食事時にミニタオルを使っていない事。
子供がまだ小さいので、食事のときに手を拭いたり、
口の周りを拭いたりと、何かとミニタオルを使っていました。
が、最近はすっかりティッシュペーパーのお世話になっています。
いやぁ、お世話になっているというと、
仲良しのティッシュさんがいるようですが、
普段使うティッシュはすべて使い捨て。
箱からシュッと取り出して、小さなお口をちょちょっと拭いたら、
ゴミ箱にサヨナラ。仲良しになりようがありません。

少し前に友人宅に遊びに行った時にミニタオルを出してくれて、
ようやく思い出しました。
我が家には山ほどミニタオルがあるのです。
上の娘が学校に持って行くのは、たったの1枚。
ほかのミニタオル君達は、いつもタンスの引き出しに待機しているのです。
使ってやらねば。

思い立ったら、すぐ行動。
空きボックスにミニタオルを入れてリビングの棚に設置オッケイ。
これでミニタオルの気持ちも報われ、
エコにも少しは貢献できるかな。
小さなことですが、改めて習慣づけていきたいと思います。

b0131231_2128046.jpg

濡れタオルだと口や手の汚れだけでなく、テーブルもそのまま拭けてしまう。
ティッシュよりも利用の幅が広がりますね。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-22 21:32 | 省エネ/省資源

トイレの節水(1)

我が家の水道代が高いです。
みなさんの家ではどのぐらいかかっていますか。
うちは、2ヶ月で10000円前後です。
先月は11000円超でした。
しかも、我が家では水道水を飲み水に使っていないのに、この金額。
あまりじゃないですか!
(エコという話題ではなく、単に我が家の家計の話になっている)

今は布オムツを洗濯することも、
保育園の大量の「おきがえ」を洗濯することもないのに、
なにゆえこんなに高額を支払う必要があるのか!

気になって、水道局に問い合わせしてみました。
水道代を割り出すためには、水道をどのぐらい使っているかが問題になると。
請求書のところに書かれている数字を見ると、
51立方メートルとあります。
数字の意味を聞くと、なんと2ヶ月の使用量は51トンだそうです。
驚き。

1ヶ月で25トン。

これは、飲み水はあまり関係ない。
はっきりしないけれど、
飲み水も多い月で1ヶ月80リットル程度かな。
絶対に1トン(1000リットル)は飲んでいない。

では、ほかの使い道はというと、

風呂
トイレ
洗濯
洗面所
食器洗い

水道局によると、お風呂の水は3〜4杯で1トンとのこと。
つまりお風呂を一回わかすと250リットルの水を使うことになる。
すごい量です。
我が家は毎日お風呂をわかします。
すると、1ヶ月で7500リットル。
シャワーも使うし、時にうっかりしてオーバーフローさせる。
8トンは使っている計算。

そして、計算できるのは、
トイレ。
水道局の人に教えてもらい、使用した水の量をメーターで確かめてみた。
我が家のトイレは構造上、
「小」の水量が「大」が同じになってしまうので
どちらも15リットル。

家族で1日に15回ぐらい使用するとして、225リットル/1日
1ヶ月だと6750リットル。
えええー、お風呂と同じだけの量?

洗濯は、お風呂の残り湯を使うので節水をすることができる。
夏場と違って、洗濯は2日に一回にすることもできる。
実際、最近は2日に一回のペースに減らしている。


とすると、風呂かなぁ、
節水できるポイントは。
でも、お風呂は毎日入りたな。
アレルギーッ子の息子は毎日お風呂に入れないと、
体のかゆみでひどく掻いてしまう。
我が家のお風呂は健康を保つためにはまだ必要だ。

となると、トイレ。
トイレの回数を減らすことはできない。
流す回数は…。もちろん、減らすべきでない。
でも、流す水の量を減らすことができるかも。
しかも、お風呂の水を再利用すれば、
新しい水を使うこともないので、節水ができるハズ!


ということで、
ここ2週間ほど、
我が家ではお風呂の残り水をバケツに汲んで、
トイレの排水に使っています。
でも、これは結構大変です。
水浸しになることも多々あります。
トイレに入っただけなのに、
なぜかトイレ掃除をするはめになる。
長く続けるのは難しそう…。

と、ここで今日の日記はおしまいです。
長くなったので、この続きはまた別の機会に。
尻切れトンポですみません。
また、すぐにお会いしましょう〜。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-22 16:10 |

今夜のリメイク料理

今日の晩ご飯は、娘に不評でした。
昨晩の残りのひじき煮をリメイクして「お好み焼き」を出したのです。

普段ならひじき煮が残った場合は、
チャーハンにしてみたり、炊き込みご飯にするのですが、
今夜はキャベツが大量に残っていたので、
お好み焼きを作ろうと決めていました。
でも、そうするとひじき煮が残ってしまう。
じゃー、入れちゃえ!ってな具合でじゃじゃーと
アバウトに作ったら、分量がおかしくてうまく固まりませんでした。
鉄板で食べないのに、もんじゃ焼きのよう。
どうしようもない代物になってしまいました。
普段なら何でも喜んで食べる息子でさえ食が進まない。
娘は、お好み焼きから発見される
「レンコン」「こんにゃく」「人参」そして「ひじき」を取り出し、
ひとつずつ、ブーイング。
無理矢理?完食したものの、
「明日、学校で友達に言おう」とつぶやいていました。
ふー、冷や汗。
分量適当はよくありませんでした。
これが南極料理人だったら違っただろうな…。

先週末の世界一受けたい授業の中で南極料理人の西村さんが
リメイク料理を紹介していました。
南極では、ゴミを出してはいけないということで
残りものも形を変えて全て食べきってしまうというのです。
なるほど〜。

我が家では残りものはほとんど出ないのですが、
時々、みそ汁が残ってしまうときがあります。
そんなときは、排水溝に流すのがとても嫌です。
少量なら紙に吸い取らせて捨てます。
大量で残すのが嫌なので、
我が家では「ちょうど」しか作りません。
おかわりがない家庭。育ち盛りの子が二人。
いいのか、それで(自問自答)

そろそろ、
みそ汁のリメイク料理を学ぶときが来たのかもしれません。
いや、その前に
ひじき煮のリメイク料理をなんとかしなければ…。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-11-21 23:06 | 台所