2013年 02月 26日 ( 1 )

輪ゴムの使い方2種。

息子の誕生日に買ってあげたトーマスの水筒。
購入してすぐにパッキンが緩んでしまい、使えなくなってしまいました。
それから半年。
ずっと「いつ捨てようか」「ほかの使い方はないか」と悩み、
戸棚にしまったままになっていました。
それが、つい数日前に使えるようになったのです!

何を思ったのか、ふと「輪ゴムが使えるかも」と
やってみたところ。大成功。
頭を緩めて考えればわかるのですが、パッキンはゴムのようなもの。
どういう仕組みかはわかりませんが、ゴムを挟むだけで水漏れがしないのです。
捨てないでよかった〜。
b0131231_8512239.jpg


もう一つ、私の眼鏡。
これがここ数ヶ月の悩みだったのですが、
眼鏡の左右のレンズが水平にならず、
正面から見ると、片方だけが2センチほど下がってしまうのです。
ずっと右と左の目の高さが違うせいだと思い込んでいたのですが、
これまた、ふと「輪ゴムで高さを調整してみたらどうかな?」と思い立ち、
輪ゴムをぐるぐる巻きにしてみました。
その結果、眼鏡のフレームと顔の間に摩擦がおこって、
眼鏡のずれがおさまったのです。
おかげで左右の差がなくなり、正面から見ても眼鏡のずれが少なくなりました。

b0131231_8554210.jpg


輪ゴムってモノを束ねるだけじゃないんですね。
この発見に自分でもすごく感動しました。(←大げさ?)
「私ってドクター中松みたい」と自画自賛。(←もっと大げさ?)
「もったいない」という気持ちから産まれた小さなアイデアだけれど、
こういうことを考えるって楽しいものです。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-02-26 09:00 | 修理して使う