No.993 洗濯機のない生活

No.993 洗濯機のない生活
1週間前に洗濯機が壊れました。
15年近く使った洗濯機なので、すでに廃盤。
修理部品が手に入らないだろうということで、修理をあきらめました。
物を買うのが苦手で、未だに我が家には洗濯機がありません。

暑さで一日に何枚も着替え、何枚もタオルを使い、
朝には汗ビッチョリのシーツ。
洗濯機がないなんて!!!!

子どもがもう少し小さければ、なんとかなりそうだけれど、
洗濯物がかなりかさばります。

毎夜、毎夜、残り湯に洗濯物をぶちまけ、
炭酸塩を投入し、30分ほど放置。
それから、手洗いしすすぎ1回で脱水。
(もちろん、すべて手作業で)

本当に洗濯機のありがたみが分かります。
そして、洗濯には大量の水を使うことも実感しました。
最初の内は粉石けんで洗っていましたが、すすぎの面倒なこと!
もちろん、水も大量に使います。
さっさと、炭酸塩に切り替え、すすぎは楽になりました。
でも、手洗いだと、やや手荒れが心配。
それに、香りもないし、クエン酸を入れても、
少しごわつきが気になる。
難しい〜。

いつものわたしなら、これを機に断捨離!と決めて、
新しい道具を買いません。
でも、洗濯機ではそうはいかない感じです。

とはいえ、検索すると無数に出てくる洗濯機のラインナップにおののき、
そしてその値段に尻込み。どれを使えばいいの?
と思っている内に、日はどんどん過ぎ。
あ〜、きっと明日もお風呂で洗濯だろうな。

夏はシャワーの回数が多くて、おまけにエアコンで電気の使用量もアップ。
せっかくなので、この夏だけでも、洗濯機とバイバイして
節電と節水にいそしもうかしら…。

なーんて言って、明日には洗濯機を注文しているかもしれません。
それほど、夏場の洗濯物の手洗いはきついです。
安価でエコな洗濯機があるといいな。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2015-08-05 00:18 | 省エネ/省資源
<< No992 大雨の結果 土に挿すだけです。 >>