重層ー洗剤代わりに使う以外には?

昨日は生活クラブ都市生活生協の勉強会に参加しました。
「重曹の正しい使い方」がテーマでした。
一時は重曹を掃除、洗濯のあらゆる場面で使っていましたが、
最近は「イマイチ使い勝手よくないな」と思い始め、
あまり使わなくなりました。

そして、講座を受講してみて…。
やっぱり私の感覚は間違っていなかったと納得しました。

重曹は「弱アルカリ性」
ナチュラルクリーニングでよく使われる「炭酸塩」と比べると
pH(ペーハー)が中性に近いのです。
軽い汚れならともかく「檄落ち」を期待すると、
期待はずれに終ると。

では、どういう所に使うとよいか…。

ズバリ
研磨剤として使うこと。

お湯のみの茶渋を取るのに適していると、
講師の方は説明されていました。

私は家では、
洗面台に重曹をばらまき、スポンジや指先でゴシゴシと汚れ落としに使っています。
そして一番の使い道は「トイレ掃除」
スポンジに重曹をつけて、便器内をこすり洗いしています。
今ではこの便器掃除のためだけに重曹を買っていると言っても
過言ではありません!

でも、もっともっと使いこなしたい。
今回の勉強会では、新しい使い方は発見できませんでしたが、
さらに使い方を追求していきたいと思います。
重曹を使いこなしている方、ぜひアドバイスをお願いします。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2014-01-29 09:26 | そうじ
<< ダイコンの葉を冷凍保存 本の寄贈 >>