テーブルの汚れ消し

我が家にはダイニングテーブルに芸術を爆発させる巨匠がいます。
そのおかげで、テーブルには無数の油性マーカーの跡。
ここ数ヶ月、その数が増えるばかり。
さすがに年末だし、なんとかしたい!
思い立って、娘と二人でで油性マーカーの跡消しに挑みました。

使う道具は「サンドペーパー3種」
最初は「荒目」のサンドペーパーで汚れを取り除きます。
このときには、汚れは削り取れるのですが、
代わりにサンドペーパーの跡がつきます。
(この時点で夫は大慌て!)

次に「中目」のサンドペーパーを使って、
テーブルについた傷を取り除きます。
これでだいたいテーブルはきれいになりますが、
サンドペーパーを使う事に反対していた夫をぎゃふんと言わせたくて、
更に「細目」のペーパーを使い、仕上げ磨きを続けます。

ここまでくれば完璧。
汚れ一つない美しい木目が浮かび上がってきました。

最後の仕上げに「ぬか」を入れた袋でテーブルにワックスがけ。
思ったよりも色が付きませんでしたが、
サンドペーパーでこすった跡が全く見えなくなり、
滑らかな仕上がりになりました。

欲を言えば、
ミツロウワックスなどで仕上げたかった…。
(今度は挑戦するぞ!)

テーブルの汚れ消し作業をして1週間。
我が家のテーブルは、元の木阿弥。
すでに油性マーカーの跡が数カ所に。
しばらく我が家のテーブルは、
巨匠によりキャンパスとして利用されそうです。
b0131231_1817476.jpg

「巨匠」自ら、ぬかのワックスがけ。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-12-21 18:19 | そうじ
<< 子どもと一緒にエコ調査 みかんの保存法 >>