石鹸で茶渋を取る方法

この感動を誰かと分かち合いたい…。

先日、生活クラブ都市生活(生協)の勉強会で
石鹸を使った茶渋取りの方法を教えてもらいました。
家で試してみたところ…。
大感動!

数年使っている急須のこびりついた茶渋がすっきり落ちました。

(Before)
茶こしが茶色に変色。これは数年来の汚れです。
注ぎ口の中の汚れも落とせず、数年間、茶色のまんまです。
b0131231_8142756.jpg



(使用するもの)使う材料は粉石けん(無香料)とお湯、スポンジなど

(手順)
1)ステンレス製の桶に熱湯を注ぎます。
無添加の粉石けんをスプーン2〜3杯、上から振り入れよく混ぜます。
b0131231_822183.jpg


2)お湯が冷めるまで置いておきます。(最低1時間)
写真は30分ほど置いた状態です。汚れでお湯が濁ってきました。
b0131231_9462492.jpg


3)軽くこすって、すすいで終わり。
ビンなどはふたをしめて、よく降ると茶渋がビロビロと出てきます!
b0131231_8151833.jpg


注ぎ口の中もすっきりきれいになりました。
b0131231_9591452.jpg


ずっと以前は塩素系漂白剤を使っていましたが、
子どもが生まれてからは敬遠して使わなくなりました。
それからは、酸素系漂白剤を使うこともありましたが、
あまりしっかり取れた実感がなく、
茶渋用には、研磨作用の強いスポンジを使っていました。
でも、削ったあとのスポンジの粉を水道に流していいのかどうか、
迷っていました。できれば、自然に還るものだけを使いたい。
そう思っていたところ、粉石けんで茶渋が落ちると知り、大感激。
石鹸生活、知れば知るほど面白い。ますます石鹸が好きになりました。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-07-09 08:26 | 台所
<< 残念な結果とうれしい結果。 7月7日のキャンドルナイト >>