プランターで野菜くずのリサイクル

随分と暖かい日が増えてきましたね。
待ちにまっていた15℃超えの日々。
野菜くずをコンポストに入れるときがやってきました。

うちはマンション暮らし。
コンポストという代物はなく、あるのはプランターのみ。
私はプランターの土に野菜くずを入れ、
発酵を促進させる微生物資材(菌)を入れて
野菜くずを土に還しています。
その菌の活動が活発になるのが15℃以上。
いよいよ開始です。

私がこの資材(商品名:アスカマン)を使っているのは、
単に野菜くずを捨てるためではありません。
野菜くずは土に還ると、良質な土に変わるのです。
これまで数年間、試してみての実感です。

スペースがあれば、どんどん野菜くずを堆肥化したいのですが、
プランター数個おけば、まんぱんになってしまう狭いベランダです。
できるだけ野菜くずを出さない生活を心がけています。

人参、ダイコンの皮はできるだけ食べる。
芯の部分だけを残して、周りは食べる。
小松菜、ほうれん草の根は小さくして食べる。
夏場のピーマンは新鮮な内に種まで食べる。
白菜の芯、キャベツの芯も堅いところ以外は小さく刻んで食べる。

となんだかエラそーに書きましたが、できないことも多いです。
何よりも「今、自分ができること」をするという方針でいます。

今は野菜くずをリサイクルした良質な土に植物を植えたい。
それが楽しみです。
またよい季節が巡ってきました。

b0131231_18281313.jpg

リサイクルするものは、野菜くず、コーヒーの粉、お茶の出がしらなど。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-03-15 09:11 | 台所
<< ハギレでコーヒーフィルター EWCアースレンジャーに認定 >>