亀の子たわしの活用

最近はお鍋でご飯を炊く生活が定着しました。
これはすべて娘の励ましのおかげ。
べちょべちょご飯も、芯のあるご飯も
「今日は失敗だね、でもおいしい」と言って食べてくれる子。
ありがたい存在です。

お鍋でご飯を炊いたあと、鍋の中が少しべっとりします。
水を入れておいてふやかしてから洗うのですが、
数日前から「亀の子たわし」を利用しています。
普段は根菜類の泥落としに利用しているたわしですが、
お鍋を洗うのに使ってみました。
これが、いい!
鍋の中のべっとりがひと洗いですっきり。
洗剤いらずで洗えます。

応用して、ミルクを温めた鍋も洗ってみました。
これもすっきり。
ミルクの鍋は、水につけておいても汚れが落ちにくいので、
洗うのが億劫でした。
亀の子たわしなら、これまた洗剤いらずですっきりです。

嬉しくて、誰かに分かち合いたくて書きました。
分かってくれる人、いるかな〜。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2013-01-18 22:00 | 台所
<< みかんの皮で アンペア数と電気料金 >>