台所仕事にビニール手袋

朝晩の冷え込みが強いので、台所仕事が少しやっかいになってきました。
そして、洗い物のときにお湯を使うことが出てきました。
今の住まいは、24時間給湯で、蛇口をひねればいつでも温かいお湯が出る仕組みになっています。
タンクに水を貯めて温め、保温するタイプなので、電気代が高くつきます。
電気使用量もあがるし、できるだけ使いたくない。
そう思いながらも、食器洗いにはついお湯を使いたくなります。

最近読んだ記事に「ゴム手袋をすれば水もあまり冷たく感じない」とありました。早速、試してみる事に。
私はゴム手袋はアレルギーを起こすので、使えません。
家にストックしてある園芸に使うビニール手袋を出してきました。

そして、常温(冷たい!)で食器洗いスタート。
なるほど〜。たしかにあまり冷たくありません。
直接水が当たらないということは、かなり保護になりそうです。
一仕事終えて、食器を見たら…。
あっちゃー。
イマイチ、石けんがすすげていません。
若干、ざらっとした汚れが残っている様子。

ビニールを一枚挟んでいるので手の感覚が鈍ったようです。
それに、手袋はびちょびちょで、手首から水が入ってきて、
手袋の中は濡れてしまいました。

うーん、冷たいのは回避できたけれど、総合的には△。
改良の余地がありそうです。
[PR]
by sunnydrops_tokyo | 2012-12-08 05:59 | 台所
<< プラゴミの収集 リビングでの防寒 >>