やっぱりペットボトルは分別で。

私の住む地域では、ペットボトルの回収は2週に1回。
これがなかなかタイミングが合わない!
私は経済的な観点からも、健康志向の観点からもペットボトルの飲み物は買わないけれど、
夫は時々、空のペットボトルを持って帰ってくる。
そして、知らないうちに台所を占拠することに。
普段からペットボトルのゴミの回収日をチェックしていないので、
どーしても2週間に1回のタイミングを逃してしまう。
それなら、もうプラスチックのゴミ回収日に一緒に出しちゃえ!!!って思ってしまう。

でも、エコロジストを豪語している私としては、
躊躇する…。
もちろんリサイクルするのがBESTに決まっている。
でも、プラゴミで出してもベターなのでは?
でも、やっぱり躊躇。

ということで、市役所に確認してみました。
答えは、やっぱり「ペットボトルはペットボトルの回収日に出すこと!」

西宮市では、プラゴミの中にペットボトルが混じっていると
1「回収対象ではないゴミ」としてゴミを置いて帰ってしまう可能性がある。
2回収後、作業員が手作業でゴミの分別をしているので、そこでの作業でペットボトルは取り除かれる。
 →作業員の手間が増える。

ということなのです。
これを聞いてしまうと、やっぱりペットボトルは回収日に出さなきゃって思いますね。

でもね、市役所の担当者にお伝えしたのは、ゴミの回収日が月に2回だと
出すタイミングを逃し、生活環境によってはペットボトルが家中にあふれるってことがあるのですよ。

エコの意識がある人でも片付けが苦手な人、掃除が苦手な人もいるもの。
月に2回の回収では少ないのかも。
ペットボトルを利用している会社が自主的に回収する方法をもっと考えて欲しいし、普通ゴミで出せる容器にして欲しい。
いろいろ考えるけれど、とにかく我が家では、やっぱりペットボトルは分別して出すってことに決定



[PR]
# by sunnydrops_tokyo | 2017-01-25 16:55 | ゴミいろいろ

台所のパッキンの張り替え成功。

年末で大掃除の時期ですね。なかなかその気分になれず…。掃除とは近いようで遠いDIYに手を出してしまいました。

台所のゴムパッキンの張り替え。賃貸の我が家。引っ越ししてきたその時からそこにはカビがついていました。住み始めた頃から、何度も熱湯処理をしてカビは死滅させてきましたが、黒ずみを取り除くことはできず数年…。ようやく、重たい腰をあげてパッキンの張り替えをしました。

まずは、ホームセンターに行ってゴムパッキン用の防カビシールを1つ買ってきました。(750円ぐらい)
1)古いゴムパッキンをカッターで取り除き、汚れを落とします。
2)次にマスキングテープを貼ります。
3)チューブから直接シール(歯磨き粉のようなもの)を出し、必要なところに塗っていきます。
4)それからマスキングテープをはがし、シールの部分を上から抑えて完成!

直接水をジャバジャバかける場所ではないので、作業後すぐに台所を利用できました。においもなくて、ほっとしました。
(素材については十分に検証できていません。防カビ材も入っているので使用を何年も迷っていました…。)
想像よりも、ずっとずっと簡単でした。私自身は不器用なので最初から完成度は求めていませんでしたが、意外にもきれいに仕上がりました。思ったよりも時間もかからず、これならもっと早くやっておけばよかったとやや後悔しました。

自称掃除好きですが、家がきれいになるのが好きなのなと改めて実感。ホームセンターに行くといろいろと家を修繕する道具があって見ていて楽しい。また、新しいものに挑戦したら報告します!


(Before)見たくもないですね〜。スミマセン。
b0131231_23315169.jpg

(作業中)マスキングテープを貼って、防カビシールを塗ったところです。
b0131231_23311780.jpg

(after)きれいにできたでしょ!
b0131231_23311348.jpg

こうやってみるとタイルの目地が気になる…。なんとかならないかな〜。



[PR]
# by sunnydrops_tokyo | 2016-12-27 23:33 | 台所

永遠のライバル「ごき」

この話題を出したら、私、とまらないのです。
誰か「ごき談義」しませんか。

掃除好きです。
=清潔な我が家。のハズ。

みんな想像しますよね。
仕事も家事サポートだし…。

でも、でも、現実には我が家の状況。
築35年。集団住宅。
半年前に真上のフロアーから2軒、下の階から1軒が引っ越し。
そして、1年前に文鳥を2羽飼いだし…。

今年の夏はごき大量発生に見舞われ、
この秋はチビごきが中ごきに変わりました。

いやぁ、ほんと。困りました。
でもね、対策のための薬品を置くのが嫌なのです。
そして、殺生もダメ。
基本的に「非暴力」の精神です。

いま、私ができること。
見つけたら、外に逃がす。
これです。

彼らの性質を把握し、角角を走り、隅を好むので、
どの経路をたどって動き回るかを予測。
ドアをあけ、外に追い出すのです。

チビごきは、紙ですくえば簡単に捕獲できるし、
中ごきも動きがまだ遅いので簡単。
慣れれば、大ゴキも平気になります。

誰かと研究会作りたいぐらいです。
誰かいないかな〜。
(ただのつぶやきでした。失礼しました)











[PR]
# by sunnydrops_tokyo | 2016-11-26 18:24 | 台所

エコ仕様・床拭きモップ

エコ掃除ラバーにとって、季節替えのこの時期はなんとも幸せ。子どものズタボロになったTシャツをウェスとしてふんだんに使える。最高に贅沢。

普段ならぜーったいにやらない「クイックル○○パー」の使い捨てペーパー。私は、今日はウェスを使って「エコ仕様・床拭きモップ」を作りました。作り方はご想像通り簡単!。 子ども用のTシャツ(110cm)の袖を切り落とし、脇と肩の縫い目に沿って切り開き、横に半分に切るだけです。

しばらくは、床掃除がラーク楽。心も痛まないし。掃除好きの私は、普段なら「床掃除はぞうきんで腰に力を入れてやるべし」と言っているのですが、時には時短掃除も大切。とくにこの時期、水仕事がおっくうです。ぞうきん洗いがいやで床が汚れたままは嫌。ズタボロウェスで床掃除をちゃちゃーと終わらせましょう。
b0131231_11195271.jpg
a little 西宮市を中心にした阪神間でエコな家事サポート(代行)をしています。お手伝いが必要な方は
をどうぞ。


[PR]
# by sunnydrops_tokyo | 2016-11-24 11:31 | そうじ

かまどのある家の掃除

今年はじめてのブログです。
ポツリポツリと更新しますので、
よろしければおつき合いください。

循環型生活を実践している友人がいます。
時々遊びに行きます。
かまどでご飯を炊いたり、薪で五右衛門風呂をわかす生活です。
にわとりもいて、理想的な暮らし。
b0131231_11322010.jpg
マンション暮らしのわたしの生活とは全く違うものなのですが、
初めて訪れたときに一番驚いたのは、
「灰」と「すす」です。

友人の家では台所で火を焚くので、
灰が舞い上がり、天井はススで真っ黒。
あちこちにうっすらと灰が浮かんでいるのです。
かまどのある生活に憧れて雑誌などをめくった事は数知れず。
でも、そこには「灰」と「すす」は映し出されていませんでした。
なるほど〜、と感激しました。
b0131231_11320442.jpg
そんな生活は丁寧に暮らさざるを得ませんね。
床を掃除機でぶーんと吸おうと思っても、無理です。
灰が舞い上がるだけです。
掃除をさせてもらいましたが、普段の暮らしでやらない方法です。
(わたしの趣味は掃除です。ちなみに仕事も掃除)

友人はいつも茶殻を撒いて、ほうきではく方法だそうです。
先日は、わたしの気合いが入りすぎ!
いたるところを掃除したので、
茶殻だけでは足りず、
新聞紙を濡らしてそれを床に撒いてはきました。
b0131231_11314532.jpg
濡れた新聞紙を小さくちぎり、
それを床のゴミと一緒に移動させていくのです。
灰やほこり、砂が舞い上がらずに、
すっきりと掃除ができます。
現代的な暮らしでは、茶殻や新聞紙を使う必要がほとんどありませんが、
こういうことだったんだ〜と、実感。
掃除を終えたあとは、板間の木目がしっかり浮き上がり、
気持ちいい空間が出来上がり!

丁寧に暮らし、循環させていく暮らし。
楽しんで帰ってきました。





[PR]
# by sunnydrops_tokyo | 2016-01-17 11:34 | そうじ